史上2番目の若さでブンデスリーガデビューを飾ったケルンのビセク - © © imago
史上2番目の若さでブンデスリーガデビューを飾ったケルンのビセク - © © imago
ブンデスリーガ

数字で見るブンデスリーガ第13節

大注目の“ルールダービー”はシャルケが驚異的な粘りで勝ち点を獲得。メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)はバイエルン・ミュンヘンの独走に“待った”をかけた。今季11敗目と泥沼のケルンではクラブの将来を担う新鋭が登場。第13節で生まれた様々な数字を振り返る。

「2」

フライブルクのニールス・ペーターセンが先発出場での通算2点目をマーク。これまでのブンデスリーガ通算12ゴールのうち10ゴールは途中出場によるものだった

「3」

ボルシアMGがバイエルンに2ー1で勝利。2014/15シーズン以降、バイエルンから3勝を挙げているのはボルシアMGのみ

「4」

シャルケがドルトムントとのルールダービーで4点ビハインドから勝ち点を獲得。4点差を跳ね返しての勝ち点獲得はボーフム戦で0ー4から6ー5の大逆転勝利を収めた1976年のバイエルン以来、史上2チーム目

- © imago / DeFodi
- © imago / Sportfoto Rudel
- © imago
- © imago / Jan Hübner