Summary

  • ブンデスリーガ第13節を「数字」で振り返る
  • ケルンのビセクが史上2番目の若さでブンデスリーガデビュー
  • ホッヘンハイムのアポグマがブンデスリーガ通算1000点目のオウンゴールを記録

大注目の“ルールダービー”はシャルケが驚異的な粘りで勝ち点を獲得。メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)はバイエルン・ミュンヘンの独走に“待った”をかけた。今季11敗目と泥沼のケルンではクラブの将来を担う新鋭が登場。第13節で生まれた様々な数字を振り返る。


「2」

フライブルクのニールス・ペーターセンが先発出場での通算2点目をマーク。これまでのブンデスリーガ通算12ゴールのうち10ゴールは途中出場によるものだった

「3」

ボルシアMGがバイエルンに2ー1で勝利。2014/15シーズン以降、バイエルンから3勝を挙げているのはボルシアMGのみ

「4」

シャルケがドルトムントとのルールダービーで4点ビハインドから勝ち点を獲得。4点差を跳ね返しての勝ち点獲得はボーフム戦で0ー4から6ー5の大逆転勝利を収めた1976年のバイエルン以来、史上2チーム目

© imago / DeFodi

「4」

レーバークーゼンのケビン・フォラントがアイントラハト・フランクフルト戦で今季リーグ最多となる4度目の先制点をマーク

「5」

今節はシーズン最多となる5つのジョーカーゴールが生まれた

「5」

ハノーファーシュトゥットガルト戦でリーグ最多となる今季5度目のジョーカーゴールを記録。なお、ニクラス・フュルクルークのジョーカーゴールはリーグトップの今季3度目

「6」

ライプツィヒのナビ・ケイタがブレーメン戦でブンデスリーガ通算6度目の先制点をマーク

「7」

シャルケは7試合連続の勝ち点獲得(4勝3分け)。第13節終了時点での勝ち点は昨季より「7」多い

「7」

シュトゥットガルトはアウェー7試合目にして初の先制点。1ー1の引き分けに終わったものの、今季初めて敵地で勝ち点を手にした

© imago / Sportfoto Rudel

「8」

死闘となったルールダービーで今季最多の8ゴールが生まれた。なお、昨季はマインツとホッフェンハイムが同じく4ー4の撃ち合いを演じている

「8」

レーバークーゼンは半年ぶりとなる8試合連続の勝ち点獲得(4勝4分け)

「10」

フライブルクは今季の勝ち点11のうち「10」ポイントをホームで稼いでいる

「13」

ライプツィヒは欧州チャンピンオンズリーグ直後のリーグ戦5試合で勝ち点「13」を獲得している

「16」

ライプツィヒは今季のホーム6試合で勝ち点「16」を稼いでいる(5勝1分け)

「16」

ケルンのヤン・ビセクが史上2番目に若い16歳363日でブンデスリーガデビュー(最年少記録はドルトムントのヌリ・シャヒンが記録した16歳334日)

「19」

アウクスブルクが今季5勝目、勝ち点を「19」に伸ばし、昨季前半戦の成績(4勝、勝ち点18)を上回った

「24」

ドルトムントのGKローマン・バイデンフェラーが24度目のルールダービー出場を達成。元シャルケのクラウス・フィヒテルが持つルールダービーの最多出場記録に並んだ

© imago

「25」

バイエルンが敗れ、ユップ・ハインケス監督の公式戦無敗記録が「25」でストップ。公式戦では2013年3月のCLアーセナル戦以来、ブンンデスリーガでは2012年10月のレーバークーゼン戦以来の黒星だった

「26」

アウクスブルクがウォルフスブルク戦でクラブタイ記録となる26本のシュートを記録

「50」

ドルトムントのクリスティアン・プリシッチが外国籍選手では史上最年少となる19歳でブンデスリーガ50試合出場を達成。ドイツ国籍選手を含めても、ティモ・ウェアナー、ユリアン・ドラクスラーに次ぐ史上3番目のスピード記録

「100」

シャルケのレオン・ゴレツカがドルトムントとのダービーでブンデスリーガ100試合出場を達成。途中出場で試合の流れを変え、0ー4からの同点劇に貢献した

「1000」

ホッヘンハイムのケビン・アポグマがハンブルガーSV戦でブンデスリーガ通算1000点目のオウンゴールを記録

© imago / Jan Hübner