アウクスブルクに快勝したバイエルンはブンデスリーガでの通算勝ち点を「3000」の大台に乗せた - © © gettyimages
アウクスブルクに快勝したバイエルンはブンデスリーガでの通算勝ち点を「3000」の大台に乗せた - © © gettyimages
ブンデスリーガ

数字で見る第12節

バイエルン・ミュンヘンが5連勝で着々と首位固めに入る中、シャルケが2位に浮上、ドルトムントが5位に後退と後続の争いは全く予想がつかない展開となっている。最下位ケルンはまたしてもPKに泣かされて今季初勝利はお預け。第12節で記録された様々な数字を振り返る。

「2」

ウォルフスブルクのユヌス・マリが移籍後初の1試合2ゴールをマーク。同じくチームメートのダニエル・ディダビはブンデスリーガでキャリア初の1試合2アシストを決めた

「3」

ドルトムントがシュトゥットガルトに敗れて3年ぶりのリーグ3連敗。前回3連敗を喫した時の指揮官はユルゲン・クロップだった

「5」

ヘルタ・ベルリンとケルンは今季リーグ最多となる5度目のPKを献上

「7」

ホッフェンハイムが後半アディショナルタイムの得点で敗戦を回避。75分以降の得点はリーグ最多の7点目で、さらにそのうちの4得点はアディショナルタイムに挙げている

- © imago / Jan Huebner
- © gettyimages / THOMAS KIENZLE
- © imago
- © gettyimages / Simon Hofmann
- © gettyimages / Patrik Stollarz