ホッフェンハイムが3位フィニッシュ…ブンデスリーガ最終節を「数字」で振り返る - © © gettyimages
ホッフェンハイムが3位フィニッシュ…ブンデスリーガ最終節を「数字」で振り返る - © © gettyimages
ブンデスリーガ

数字で見るブンデスリーガ第34節

ホッフェンハイムがクラブ最高位の3位に食い込み、初の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にした。ハンブルガーSVはブンデスリーガ創設からの伝統を守れず初の2部降格が決定。最後まで続いた熱戦を象徴するかのように最多ゴールが飛び出した第34節を「数字」で振り返る。

「1」

ブンデスリーガ発足時に在籍していた16クラブのうち、唯一2部落ちがなかったハンブルクの初降格が現実のものとなった

「2」

フライブルクアウクスブルクに2ー0で快勝。今季初めて2点差以上での勝利を飾った

「3」

ホッフェンハイムがドルトムントを3ー1で下し、クラブ史上最高位の3位フィニッシュ。来季のCL出場権を獲得した

「5」

ホッフェンハイムはドルトムント相手に公式戦で5年ぶりの勝利。ユリアン・ナーゲルスマン監督にとってはドルトムント戦初白星となった

「7」

シャルケ通算7度目のリーグ2位フィニッシュ。シャルケよりも2位の回数が多いのはバイエルン・ミュンヘン(10度)のみ

「7」

ハノーファーのニクラス・フュルクルークは今季の14得点のうち7得点を75分以降に決めている

「9」

シュトゥットガルトはラスト3試合でシュート数17本、被シュート数67本とスタッツでは劣勢を強いられながら、結果は3連勝で勝ち点9を獲得。バイエルンとの最終戦でもシュート7本、被シュート18本という内容にもかかわらず4ー1の勝利を収めた

- © imago / Michael Weber
- © gettyimages / Sascha Stuermann