ブンデスリーガ第32節を「数字」で振り返る - © gettyimages / Hardt
ブンデスリーガ第32節を「数字」で振り返る - © gettyimages / Hardt
ブンデスリーガ

数字で見るブンデスリーガ第32節

王者バイエルン・ミュンヘンがこの20年で1番若いメンバーを送り出し、アイントラハト・フランクフルトに4ー1で快勝。2選手が今季初ゴールを決めて層の厚さを見せつけた。最下位のケルンは降格を回避することができず通算6度目の2部行きが決定。第32節を「数字」で振り返る。

「2」

ハンブルガーSVウォルフスブルク戦で1試合2本のPKを獲得。これまでは31試合戦って獲得したPKはわずかに2本だった

「4」

ウォルフスブルクのヨシプ・ブレカロがFKから得点。同クラブの直接FKによる得点は今季リーグ最多の4ゴール

「5」

フライブルクのニールス・ペーターセンがケルン戦で対戦カード別最多の通算5ゴールを記録。そのすべては今季の対戦で決めたもの(前半戦3ゴール、後半戦2ゴール)

「6」

ケルンは6度目の降格が決定。降格回数はニュルンベルクとビーレフェルトの7回に次いで多い

- © gettyimages / Matthias Hangst
- © gettyimages / Martin Rose
- © gettyimages / Simon Hofmann
- © gettyimages / Hardt