Summary

  • ブレーメンがコーフェルト監督体制で10戦連続ホーム無敗
  • シャルケが節目の一発でルール・ダービーを制す
  • バイエルンのハインケス監督がオンリーワンの領域に到達

前節6連覇を決めたバイエルン・ミュンヘンメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦で驚異のパス成功率を叩き出して貫録の逆転勝利。チームを率いるユップ・ハインケス監督はブンデスリーガ史上オンリーワンの領域に到達した。大注目のルール・ダービーはクラブにとって節目の一発を決めたシャルケが宿敵ドルトムントに快勝。ブンデスリーガ第30節を「数字」で振り返る。

「0」

全9試合でホームチームに黒星がつかなかったのは第6節以来今季2度目

「1」

バイエルンのサンドロ・ワーグナーが移籍後初のドッペルパックを達成。自身2点目はリーグトップとなる今季6点目のヘディングゴールだった

「3」

ホッフェンハイムハンブルガーSVを2ー0で下し、クラブ史上初のブンデスリーガ3戦連続ホーム完封勝利を飾った

「3」

ヘルタ・ベルリンのデービー・ゼルケがケルン戦で今季2度目、ブンデスリーガ通算3度目のドッペルパックを達成してチームを2ー1の勝利に導いた

「3」

アイントラハト・フランクフルトレーバークーゼンに1ー4で敗れ、今季初のブンデスリーガ3戦未勝利(1分け2敗)

「6」

ハノーファーのニクラス・フュルクルークがシュトゥットガルト戦の後半アディショナルタイムに値千金の同点弾を記録。今季12得点のうち6得点は75分以降に決めたもの(リーグ最多)

「6」

ウォルフスブルクのフェリックス・ウドゥオカイがアウクスブルク戦で退場処分となり、今季のチーム退場者数がリーグ最多の6人となった。同クラブが1シーズンで6人以上の退場者を出すのは2013/14シーズン(8人)以来のこと

「7」

ホッフェンハイムは今季最長となる7試合連続勝ち点獲得(4勝3分け)。現在リーグで最も長く無敗をキープしている

「7」

シャルケのナルドはブンデスリーガでキャリア最多となるシーズン7点目を記録

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Maja Hitij

「10」

ブレーメンライプツィヒと引き分け、フローリアン・コーフェルト監督就任後のホーム無敗記録を10試合まで伸ばした。同クラブの歴代指揮官の中で最長記録

「14」

ハンブルクがホッフェンハイム敗れ、同一シーズンでのクラブワースト記録に並ぶアウェー14戦未勝利。1970/71シーズン、1972/73シーズンにも敵地で14戦連続未勝利があった

「15」

ハノーファーは2部にいた昨季も含め、シュトゥットガルトとの公式戦で5戦無敗(3勝2分け)

「15」

ケルンはシュテファン・ルーテンベック体制になって6度目の逃げ切り失敗(3分け3敗)。先制した試合で15ポイントも勝ち点を取りこぼしている

「24」

シャルケはブンデスリーガで24試合連続ゴール中。現在進行形の記録としてはリーグ最長で、クラブ史上2番目の長さ

「36」

バイエルンは本拠地でブンデスリーガ36戦無敗。今回よりも長く無敗をキープしたのは過去に2度しかない

「39」

シュトゥットガルトは今節の引き分けで勝ち点39に到達。勝ち点39を獲得したチームが降格した例はない

「50」

レーバークーゼンのカイ・ハフェルツがブンデスリーガ史上最年少の18歳と307日で通算50試合出場を達成。ティモ・ウェアナー(ライプツィヒ)が持つ18歳351日の記録を更新した

© imago / Chai v.d.Laage

「66」

レーバークーゼン対フランクフルトのカードは通算66度の対戦で一度もスコアレスドローがない。今回の対戦でも両チーム合わせて5ゴールが飛び出した

「94.8」

バイエルンがボルシアMG戦でパス成功率94.8%をマーク。データを取り始めてから過去最高

「104」

バイエルンのロベルト・レバンドフスキが同クラブでのブンデスリーガ通算104点目をマーク。同一クラブでの得点数としてはブレーメン時代に104得点をマークしたケルンのクラウディオ・ピサロと並んで外国籍選手の歴代最多記録

「183」

レーバークーゼンのケビン・フォラントがブンデスリーガ通算183試合目にして初のハットトリック達成。前後半のいずれかに他選手のゴールを挟まずに3連発を決める、いわゆる“完全ハットトリック”は昨年11月のマックス・クルーゼ(ブレーメン)以来今季2人目

「200」

ドルトムントのマーコ・ロイスがシャルケ戦で同クラブでの公式戦通算200試合出場を達成。ルカシュ・ピシュチェクも同クラブでのブンデスリーガ200試合出場を達成した

「1000」

ヘルタのゼルケがケルン戦で決めた決勝点は同クラブのブンデスリーガ通算1000点目だった

「1034」

バイエルンのハインケス監督が、選手時代と合わせてブンデスリーガ通算1034試合に到達。オットー・レーハーゲルの記録を抜いて歴代単独最多となった

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Adam Pretty

「2500」

シャルケのイェフヘン・コノプリャンカが決めたルール・ダービーでの先制点は、同クラブのブンデスリーガ通算2500点目だった