バイエルンのリベリはハンブルク戦で節目のリーグ通算5万1000点目をマーク - © gettyimages
バイエルンのリベリはハンブルク戦で節目のリーグ通算5万1000点目をマーク - © gettyimages
ブンデスリーガ

数字で見るブンデスリーガ第26節

首位バイエルン・ミュンヘンが瀕死のハンブルガーSVに容赦のないゴールラッシュで大勝。口火を切ったフランク・リベリの先制弾はブンデスリーガの歴史において節目の一発となった。同じ試合でハットトリックを達成したロベルト・レバンドフスキは常勝軍団でも過去に例のないスピードで通算100ゴールに到達。ブンデスリーガ第26節を「数字」で振り返る。

「1」

アウクスブルクのゴイコ・カチャルが同クラブでの初ゴールをマーク。2016年夏にハンブルクから加入した以来ゴールがなく、ブンデスリーガでは33試合ぶりの得点だった

「3」

アウクスブルクに1ー3で敗れたハノーファー今季初のリーグ3連敗

「4」

ヘルタ・ベルリンはホームでフライブルクと引き分け、パル・ダールダイ体制下で初のホーム4戦未勝利

「4」

シャルケマインツに1ー0で競り勝ち、2015年秋以来となるブンデスリーガ4連勝を達成

「6」

バイエルンはハンブルク相手に今季の最大得点差となる6ー0の大勝

「6」

シュトゥットガルトライプツィヒ戦を引き分けで乗り切り、タイフン・コルクト監督就任後は6戦無敗(4勝2分け)

- © gettyimages / THOMAS KIENZLE/AFP
- © imago
- © imago / Jan Hübner