雪の中で行われたケルン対フライブルクでは7年ぶりの大逆転劇が生まれた - © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos
雪の中で行われたケルン対フライブルクでは7年ぶりの大逆転劇が生まれた - © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos
ブンデスリーガ

数字で見るブンデスリーガ第15節

バイエルン・ミュンヘンの7季連続での首位ターンが決定。ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンはチームが不調の中、ブンデスリーガ史に名を刻む節目のゴールを記録した。0ー3からの勝利という珍事に近い大逆転劇も生まれた第15節を数字で振り返る。

「3」

ハンブルガーSVウォルフスブルク戦をスコアレスドローで終え、マークス・ギスドル監督体制下で初の3試合連続無失点を達成した

「3」

フライブルクのニールス・ペーターセンがケルン戦でブンデスリーガ通算2度目のハットトリックを達成し、0ー3からの大逆転劇を演出

「4」

バイエルンのアルトゥーロ・ビダルがブンデスリーガ4試合連続ゴールを記録。そのうちの3点は貴重な先制ゴールだった

「4」

ヘルタ・ベルリンはパル・ダールダイ監督体制下で初のアウェー4試合連続勝ち点獲得に成功(1勝3分け)

「7」

前半戦2試合を残してバイエルンの7季連続、23度目の“ヘアプストマイスター”(秋の王者)が確定

- © imago
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA