Summary

  • ハインケス氏、バイエルン指揮官に電撃復帰
  • 現役時代を含めリーグ優勝経験は7度
  • ブンデスリーガ勝利数は史上最多

バイエルン・ミュンヘンは10月6日、今シーズン終了までの契約でユップ・ハインケス氏が監督を就めることを発表した。指導者業の引退から一転、窮地に陥っている古巣を助けるべく立ち上がった同氏について、数字で紹介していく。

※「バイエルン監督に名将ハインケス氏が電撃復帰!」はこちら

3

2012/13シーズンのバイエルンで、ブンデスリーガクラブ史上初の3冠をもたらした。

6

フェリックス・マガト、フランツ・ベッケンバウアー、マティアス・ザマー、トーマス・シャーフ、ヘルムート・ベントハウスに続き、選手および指導者としてブンデスリーガ優勝を達成した史上6人目の人物。

6

現役時代も含めると、これまでブンデスリーガでは6クラブに所属。現役時代はメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とハノーファーでプレーし、指導者としてはボルシアMG、バイエルン、アイントラハト・フランクフルトシャルケレーバークーゼンで監督を務めた。なお、指導者時代に国外ではスペイン3クラブ(アスレティック・ビルバオ、テネリフェ、レアル・マドリード)、ポルトガル1クラブ(ベンフィカ・リスボン)を率いている。

7

2013年に自身7度目のリーグ優勝を経験。そのうち4回(1971年、1975年、1976年、1977年)は選手だったボルシアMGで、3回(1989年、1990年、2013年)はバイエルンで。

© imago / Sven Simon

7

ブンデスリーガ2位も同じく7回。現役時代には1974年と1978年、指導者としては1988年、1991年、2009年、2011年、2012年の5回。

11

リーグ優勝を7回以上経験した人物は史上11人しかいない。ハインケス監督の他は、ウド・ラテック(監督として8回)、バスティアン・シュバインシュタイガー、フィリップ・ラーム、メーメット・ショル、オリバー・カーン(いずれも選手として8回)、オットマール・ヒッツフェルト(監督として7回)、フランク・リベリ、クラウス・アウゲンターラー、ローター・マテウス、アレクサンダー・ツィックラー(いずれも選手として7回)。

23

1990年の次は2013年――監督として23年ぶりにブンデスリーガ優勝を達成した初の人物がハインケス監督。過去に2回以上リーグ優勝を経験した指揮官はいるものの、これだけの年数を空けてブンデスリーガ優勝を経験した者はいない。

52

選手としてブンデスリーガの舞台に初めて立ったのは1965年8月14日。今から半世紀も昔の52年前

68

2012/13シーズン、史上最高齢の68歳でブンデスリーガ優勝を経験。もちろん今季この記録を更新する可能性も。

72

72歳での現場復帰。これ以上の年齢でブンデスリーガクラブを率いたことがあるのは、オットー・レーハーゲル(当時73歳、ヘルタ・ベルリン)とフレッド・シュルツ(当時74歳、ブレーメン)の2人だけ。

73

そして今季第33節と最終節の間となる2018年5月9日に、ハインケス監督は73歳になる。

91

2012/13シーズンにいずれもブンデスリーガ史上最高となる勝ち点91、得失点差+80の記録を残した。

369

現役時代にリーグ戦369試合出場。この最後の試合で、自身初となる1試合5ゴールを記録。なお、このドルトムント戦は12ー0で勝利しており、リーグ史上最多得点差のゲームとして、今日まで記録が守られている。

495

現役時代も含め、史上最多のブンデスリーガ495勝を経験。次点はレーハーゲルの457勝。

1011

選手として369試合、監督として642試合の計1011試合をブンデスリーガで経験。通算1000試合の大台を突破したのは、ハインケス監督とレーハーゲルのみ。

1038

今季終了まで指揮官を務めあげれば、上記記録を1038試合にまで更新する。