ロッベンは今節レーバークーゼン戦で、バイエルンでの公式戦出場250試合を達成した - © © imago / Jan Huebner
ロッベンは今節レーバークーゼン戦で、バイエルンでの公式戦出場250試合を達成した - © © imago / Jan Huebner
ブンデスリーガ

数字で振り返る第29節

0

4月15日と16日に行われたブンデスリーガ第29節を数字で振り返る。

バイエルン・ミュンヘンは今季初めて得点0で試合を終えた。

1

レーバークーゼン対バイエルンは、今節を引き分けで終えた唯一の対戦カード。その他8試合はすべてホームチームが勝利している。

3

第26節までドルトムントは中長距離からの得点が0だったが、第27節から3試合連続でミドルシュートからゴールを決めている。

4

後半戦に入り、ウォルフスブルクはホーム5試合中4試合で勝利。

6

ホッフェンハイムはこれでホーム6連勝となり、クラブ記録を更新。

- © imago / DeFodi