シーズン前半戦、最高時速で1位に輝いたのは? - © gettyimages / Boris Streubel/Bongarts
シーズン前半戦、最高時速で1位に輝いたのは? - © gettyimages / Boris Streubel/Bongarts
ブンデスリーガ

前半戦「最高時速」トップ5

2017/18シーズンのブンデスリーガは前半戦の全日程を終えてウィンターブレークに突入。リーグが再開される1月12日まで、前半戦の様々な数字をランキング形式で紹介する。第3回は「最高時速」のトップ5をまとめた。

5位:キングスレイ・コマン(バイエルン・ミュンヘン)時速34.97km

スター軍団の中で日増しに存在感を高めているコマンが5位にランクイン。時速34.97kmというスピードもさることながら、特筆すべきは“仕掛け”の多さだろう。ドリブル回数105回はチームメートのアリエン・ロッベン(58回)とロベルト・レバンドフスキ(57回)を合わせた回数に匹敵する。

- © gettyimages / Robert Michael
- © imago / DeFodi
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Boris Streubel
- © imago / kolbert-press
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA