シーズン前半戦は出場機会に恵まれなかった香川が、ここにきて本領を発揮している
シーズン前半戦は出場機会に恵まれなかった香川が、ここにきて本領を発揮している
ブンデスリーガ

待望の今季初ゴール。復活を遂げた香川真司

香川真司の表情がまぶしい。28歳の日本人MFがドルトムントの攻撃を鮮やかにけん引している。4月1日に行われたシャルケとのルールダービーでピエールエメリック・オバメヤンの先制点をアシストした香川は、続く5日のハンブルガーSV戦で今季リーグ戦初ゴールをマークしただけでなく、チームの3点目もアシストした。3月23日と28日に行われたワールドカップ アジア最終予選の疲れを感じさせるどころか、日本代表で連勝した勢いをブンデスリーガにも持ち込んだ印象だ。

クラブと代表の両方で出場機会を失う

今季の香川はクラブと代表のパフォーマンスがなかなか噛み合っていなかった。昨年9月のUAE戦とタイ戦でノーゴールに終わった日本代表の背番号10は、ドイツへ帰国した直後に行われた9月10日のライプツィヒ戦で出番を得られず、翌週のダルムシュタット戦でも後半途中からの出場にとどまった。

ドルトムントの背番号23はその後も先発出場の機会をつかめないまま10月の最終予選に挑む。しかし、イラクとのホームゲームでは出番がなく、オーストラリアとのアウェーゲームでは先発したものの守備に追われた。パフォーマンス向上のきっかけをつかめないまま、再びドルトムントへ合流することになる。

クラブでの立場が好転するはずもなく、状況はむしろ悪化するばかり。11月5日のハンブルガーSV戦から12月16日のホッフェンハイム戦まで、6試合連続でリーグ戦のピッチに立つことができなかった。10月下旬に右足首を負傷した影響があったとはいえ、これほど長い“空白期間”は14ー15シーズンのドルトムント復帰後初めてのことである。

11月の最終予選に参加した際、香川は厳しい表情を崩さなかった。サウジアラビア戦で先発を外れても、「自分は代表で結果を出している立場ではない。ドイツで巻き返すだけ」と答えるにとどまった。