ザンクト・パウリの宮市は今夏初めてテストマッチに出場しアシストを記録した - © © imago / Oliver Ruhnke
ザンクト・パウリの宮市は今夏初めてテストマッチに出場しアシストを記録した - © © imago / Oliver Ruhnke
ブンデスリーガ2部

後半出場の宮市、4部との練習試合でアシストを記録

宮市亮が所属するザンクト・パウリは7月7日、敵地でフレンスブルク(4部)と練習試合を行い、6ー1で勝利した。宮市は後半45分間のみ出場し、ノーゴールだった。

【得点】

立ち上がりの7分に先制点を奪われたザンクト・パウリは、11分にゼヒルのゴールで同点に追いつくと、20分にフィート、28分にメラーダーリが追加点。エンドが替わった後半にはアラギがハットトリックを記録し、宮市はアラギの2点目をアシストした。

フレンスブルク:ハートマン(7分)
ザンクト・パウリ:ゼヒル(11分)、フィート(20分)、メラーダーリ(28分)、アラギ(63分、79分、83分)

【ザンクト・パウリのラインナップ】

前半(4ー2ー3ー1)
ヒンメルマン;カラ、ツィーアアイス、カーステンス、ブバラ;フルーム、ゼヒル;フィート、メラーダーリ、コンテー;シュナイダー

後半(4ー5ー1)
ヘーアワーゲン;ツァンダー、コグリン、アベボア、パク・イヨン;ミュンツァー、イ・スンウォン、宮市、ブフトマン、ゾボタ;アラギ