ウパメカノは19歳ながらブンデスリーガ2位に位置するライプツィヒで主力CBを務めている - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Boris Streubel/Bundesliga
ウパメカノは19歳ながらブンデスリーガ2位に位置するライプツィヒで主力CBを務めている - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Boris Streubel/Bundesliga
ブンデスリーガ

ウパメカノ「信頼に応えたい」

今シーズンのブンデスリーガにおける驚きの1つが、ライプツィヒに所属するダヨ・ウパメカノだ。弱冠19歳ながら、現在2位を走る強豪クラブの最終ライン中央を任されており、その存在感は試合を重ねるごとに高まっている。そこで当サイト独語版は、この若きフランス人DFとの独占インタビューを行い、今後の目標やラルフ・ハーゼンヒュットル監督について語ってもらった。 ※「ウパメカノってどんな選手?」はこちら ※「若手タレントファイル」はこちら

――ライプツィヒであなたが見せている成長について、ご自身はどのようにお考えでしょうか?

ウパメカノ とても満足しています。多くの試合をこなしてきましたし、常に向上していることを自分でも感じています。良い方向に進んでいるのではないでしょうか。練習の質も非常に高いですし、そのことも私にとって大きいですね。トレーニングの強度はかなり高く、そのぶん早く成長できています。しかしポジショニングやビルドアップに関しては、まだまだ学んでいかなければなりません。

――ライプツィヒでの今シーズンここまでについてはどうでしょうか?

ウパメカノ もちろん満足ですよ。ブンデスリーガでは、勝利のチャンスを掴むために毎試合全力を出す必要があります。現在我々は2位にいますが、十分満足のいくものではないでしょうか。なぜならこの成績は、昨シーズンに我々が見せた結果が正当なものだったということの証明になりますからね。

- © imago / GEPA pictures
- © gettyimages / ROBERT MICHAEL/AFP