Summary

  • シャルケMFゴレツカ、ドイツ代表で躍動中
  • 2年半ぶり2度目のチャンスをモノに

ドイツ代表がFIFAコンフェデレーションズカップ2017(コンフェデ杯)で決勝進出を決めた。ドイツ代表はロシアで開催中の今大会に若いメンバー編成で臨んだが、その中でひと際存在感を放っているのがシャルケのMFレオン・ゴレツカだ。オーストラリアとの初戦で1ゴール1アシストを記録してチームに勢いをもたらすと、準決勝のメキシコ戦では6分と8分に立て続けにゴールを挙げてチームのファイナル進出の原動力となった。

国際舞台で躍動する22歳にシャルケ関係者は大喜びのはずだが、本来ならゴレツカが代表チームで脚光を浴びるのは遅いくらいだ。その素質はドイツではかなり前から知られており、2部のボーフム時代もそのポテンシャルは一目置かれていた。しかし、2013年のシャルケ加入以降はケガに泣かされ、負傷で8カ月を棒に振ったこともある。それでも昨季はシャルケで初めてフル稼働し、チームの中心選手へと成長していった。

© gettyimages / Alexander Scheuber

2年半ぶり2度目のチャンスで猛アピール

昨季はブンデスリーガ30試合、時間にして2567分に出場。フィールドプレーヤーではキャプテンのベネディクト・ヘーベデスに次ぐ出場時間を記録した。また5ゴール3アシストという成績は、ギド・ブルクスタラー、ナビル・ベンタレブに次ぐチーム3番目のスコアポイントである。

クラブでの活躍が認められ、2016年11月に代表復帰。2014年5月の代表デビュー戦以来となる代表メンバー入りだった。前述のオーストラリア戦では、先制点の起点となっただけでなく、勝ち越し点につながるPKを獲得し、自らも代表初ゴールをマーク。これには本人も「僕にとってドイツ代表でのベストゲームだった」と自画自賛した。

© gettyimages / Buda Mendes

絶対的なリーダーを目指して

チリとの決勝は7月2日に行われるが、コンフェデ杯が終われば待ちに待ったバカンスが始まる。ブンデスリーガ5シーズン目を前に、コンディションも最高の状態。新シーズンもシャルケのキープレーヤーとして働いてくれることは間違いない。天性のリーダーシップを持ったゴレツカが、この先どれだけ成長するのか楽しみなところだ。

今回の活躍で、メディアでも絶賛されるようになったが、それに浮かれるようなことは決してない。「チームリーダーなら、まずは自分が結果を残さないといけない。それが絶対的な選手になるための第一歩。それができて初めて、チームメートのことを気遣ったり、鼓舞したりすることができる。今の僕はそうなっていくためのベースを固めている段階なんじゃないかな」。若手中心で臨んだコンフェデ杯で飛躍を遂げたゴレツカ。シャルケとドイツ代表にとって頼もしいリーダーが育っている。