カルムント氏はかつてレーバークーゼンでCEOを務め、現在は解説など多方面で活躍している
カルムント氏はかつてレーバークーゼンでCEOを務め、現在は解説など多方面で活躍している
ブンデスリーガ

専門家の前半戦総括:カルムント氏独占インタビュー

12月18日にブンデスリーガ第16節が終了し、2016/17シーズンのドイツサッカーも冬季中断期間に突入した。そこで当サイト独語版は、かつてレーバークーゼンのCEOを務め、現在はサッカーの専門家として各方面で活躍しているライナー・カルムント氏との独占インタビューを実施。今季前半戦について語ってもらった。

――あなたにとって、この半年間で特に成長を見せた3クラブとはどこでしょうか?

カルムント氏 まずはアイントラハト・フランクフルトですね。彼らは昨季、下から3番目の順位でシーズンを終えましたが、今ではトップレベルのチームの1つです。しかも今夏、選手の売却額は1000万ユーロ(約12億2000万円)であったのに対し、補強に使ったお金は250万ユーロ(約3億500万円)しかありません。にもかかわらず、彼らは上の順位にいるのですから。フランクフルトの次はホッフェンハイムでしょうか。彼らもフランクフルトと同様、昨季大きな問題を抱えており、順位は下から4番目でした。そしてヘルタ・ベルリンにも驚かされましたね。彼らはチームとして非常に機能していますよ。

――では次の質問にいきましょう。特に印象に残っている3試合はどれですか?

カルムント氏 先日(第16節に)行われたホッフェンハイム対ドルトムント、あとは4ー4で終わった第2節のマインツ対ホッフェンハイム、そしてレーバークーゼン対ライプツィヒですね(ライプツィヒが3ー2で勝利)。レーバークーゼンは2ー1でリードし、3ー1にするのも時間の問題かと思っていましたからね。中立のファンにとって、これらの試合は非常に面白かったと思います。

- © imago