Summary

  • バイエルンでも存在感を示すワーグナー
  • 1月に加入して以来、新天地で適応力を発揮
  • レバンドフスキのバックアッパーでは収まらない活躍

3冠を目指すバイエルン・ミュンヘンにあって、この冬に加入した30歳のサンドロ・ワーグナーが日に日に存在感を増している。ロベルト・レバンドフスキのバックアッパーとして、これまではホームゲームでベンチスタートが続いていたが、4月14日のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦でホーム初先発を飾ると、同点弾と勝ち越し弾を決めてチームを5ー1の大勝に導いた。

競争覚悟の移籍でステップアップ

与えられたチャンスで期待以上の活躍を見せたワーグナーは試合後、「ホームでの先発は格別なものだったよ」とアリアンツ・アレーナで結果を残せたことを喜んだ。これで自身初のブンデスリーガ4試合連続ゴール。これにはユップ・ハインケス監督も、「彼は1月に加入したばかり。チームに馴染むのはそう簡単なことではないはずだが、驚くほど早くフィットしてくれた。このチームでプレーすることでまた一つ大きくステップアップした」と適応能力の高さを称賛した。

「彼は異次元の選手」。そう称えるのはホッフェンハイム時代もともにプレーしていたニクラス・ズューレだ。「サンドロは自分の役割を理解している。だからこそ、とても大事な選手なんだ。これだけ多くの出場機会を得ているのも、彼が素晴らしいストライカーだからだね。見事なまでにチームにフィットした」

自ら競争の激しいチームに飛び込み、そこでしっかりと居場所を見つけて仲間に受け入れられた。ボルシアMG戦で同点弾を決めた際には、ボールをつないでくれたズューレとトーマス・ミュラーに駆け寄って感謝。そらにはベンチのラフィーニャとダンスパフォーマンスで喜びを分かち合い、すでにチームに溶け込んでいることを強調した。

© imago / Sven Simon

W杯のメンバー入りへ猛アピール

ブンデスリーガでは後半戦だけですでに7ゴール。この成績を上回るのは12ゴールを挙げている同僚のレバンドフスキだけだ。バイエルンでお互いに刺激し合う環境が、ワーグナーにとって大きなプラスになっていることは間違いない。

出場機会減というリスクをはらんだ移籍をステップアップに変え、ワールドカップのメンバー入りに向けてアピールを続けるワーグナーを、ハインケス監督も強力に後押しする。「彼は熱い気持ちと闘争心を持ったプレーヤー。素晴らしい選手であることは確信している。彼がW杯に選ばれることを願っているし、それに値するはず。なぜなら彼はプロ意識の塊だからだ」

当のワーグナーもW杯メンバー入りを疑うそぶりを見せない。ボルシアMGとの試合後には力強くこう話した。「ミュラーや(マッツ)フメルスが週末ごとにW杯出場の可能性を聞かれることはない。自分もそれと同じだと思っている。ここまでずっとゴールを決めてきた。(W杯に)連れていってもらえるだけの結果を残してきたし、行けると信じている」

クラブ史上2度目の3冠へ準備は万全

もちろん、W杯ばかりに目を向けているわけではない。今後はレアル・マドリード(スペイン)との欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝という大一番が控えている。ワーグナーが特に楽しみにしているのがクリスティアーノ・ロナウドとの対戦だ。「彼はスーパースターだし、好きな選手だ。あれだけゴールを決めまくるのは信じられない。僕は練習でさえ、試合の彼ほどのゴールは決められないよ」

17日行われたドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準決勝ではレーバークーゼンを下し、決勝の舞台となるベルリン行きを決めた。バイエルンとワーグナーはクラブ史上2度目の3冠へ着実に近づいている。

© imago