2017/18シーズン開幕直前、当サイト独語版がケルンのシュテーガー監督と独占インタビューを行った - © imago
2017/18シーズン開幕直前、当サイト独語版がケルンのシュテーガー監督と独占インタビューを行った - © imago
ブンデスリーガ

シュテーガー監督「楽しみしかない」

今シーズン、25年ぶりの欧州カップ戦出場となる大迫勇也のケルンは、8月20日の開幕戦でいきなりメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とライン・ダービーを戦うことになった。そこで当サイト独語版は、ケルンのペーター・シュテーガー監督との独占インタビューを実施。待ちに待ったシーズン開幕、エースFWアントニー・モデステの移籍、チームの進化などについて語ってもらった。

――2013年にあなたがケルンへやって来てから、クラブは素晴らしい時を過ごしています。この4年間でチームが発展していくことを、当時のあなたはすでに予測していたのでしょうか?

シュテーガー監督 私がケルンに来た当初から、すべてはうまく機能していました。そうでなければ、きっとケルンにやって来ることはなかったでしょう。ここでは首脳陣や幹部などが一体感を保っていました。その一体感こそ、このクラブがうまくいくための基盤になると、私は考えていたのです。ですが、あの当時に「4年後に欧州カップ戦へ出場する」と言っても、きっと誰も信じなかったと思います。

――あの頃は2部にいましたからね。

シュテーガー監督 そして財政的にも厳しい状況にありました。昇格するためには資金力も非常に重要です。もしあの時、我々がすぐに昇格し、順位に関係なく4シーズン連続でブンデスリーガに在籍することが分かっていれば、きっと誰かが私たちに「素晴らしい。では一歩一歩前進するためのチャンスをあげよう」と言ってくれたかもしれません。

- © imago / Revierfoto
- © imago / DeFodi
- © gettyimages / T-F-Foto