オーストリア人のシュテーガー監督の下、ケルンは毎シーズン目覚ましい成長を遂げている - © © imago / Huebner
オーストリア人のシュテーガー監督の下、ケルンは毎シーズン目覚ましい成長を遂げている - © © imago / Huebner
ブンデスリーガ

「大きな幸せを感じている」――大迫所属のケルン、シュテーガー監督独占インタビュー

第3節終了時で勝ち点7に失点0――大迫勇也が所属するケルンは2016/17シーズン、見事な開幕ダッシュを見せている。しかし9月21日には内田篤人も所属する強豪シャルケとの一戦が控えており、ここまで勝ち点と得点がともに0の同クラブは、死にもの狂いで向かってくるはずだ。そんな中、ケルンのペーター・シュテーガー監督が当サイト独語版の独占インタビューに応じ、今季ここまでの様子について語ってくれた。

――選手たちがチームとしてまとまり、機能していることについては、監督のあなたですら驚いたりしませんか?

シュテーガー監督 いや、もしすべてがうまくはまれば、我々は自分たちの本来の能力を出し切ることができる。彼らは過去2シーズン、「どんな相手でも苦しめることができる」ということを証明してきた。例えば昨季はレーバークーゼン戦、メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦、シャルケ戦、ドルトムント戦で勝利を収めた。今や、そのような強豪クラブから勝ち点を奪ったとしても、まったく驚きではないんだ。だが、自信を持って最高のパフォーマンスを見せ、毎試合勝利するようなチームになるには、まだまだ時間がかかる。

――私たちにとっての驚きは、新加入選手も瞬く間にチームに溶け込んでしまうことです。

シュテーガー監督 このチームは調和が取れており、仮に何人かの選手が負傷離脱したとしても、まだ多くの可能性を秘めている。ことしの夏に加わった新加入選手は、我々のクオリティーを高めてくれるし、さらにそのうち数人はブンデスリーガでの経験もある。既存戦力も、何シーズンもケルンでプレーしている選手ばかりだし、チームは非常に良く機能していると言えるだろう。

- © gettyimages / Alexander Scheuber
- © gettyimages / Ronny Hartmann
- © imago