移籍市場最終日、大迫勇也が所属するベルダー・ブレーメンは、ボルシア・ドルトムントからヌリ・シャヒンを獲得したことを発表した。

ブレーメンのマネージャー、フランク・バウマン氏は今回の電撃移籍について、「このような素晴らしい選手を説得できたことを、嬉しく思う」とし、短期間で新戦力獲得に動いたことについて、負傷療養中のオレ・コイパーの復帰が新シーズンの開幕に間に合わなかったことが背景にあると説明。

フローリアン・コーフェルト監督:

「ヌリがいかに素晴らしい選手であるかということについて説明する必要はないと思う。彼は、ブンデスリーガのほぼすべてを経験してきた。ドルトムントでのリーグ優勝、ポカール優勝を経験し、レアル・マドリードやリバプールでプレーしてきた。彼は、ブレーメンをより良いチームにするためのポテンシャルを持った選手。フランクフルト戦(9月1日)には間に合わないが、レーアでの親善試合ではブレーメンのユニフォームを着た彼の姿を見ることができるだろう」

ヌリ・シャヒン:

「監督やマネージャーとの話し合いは素晴らしいものでした。ブレーメンはビッグクラブで、今まさにさらなる成長をしているという確かな実感を感じられるチーム。チームの一員として自分もそれに尽力できることを楽しみにしている」