Summary

  • 大迫のケルン、コルドバが練習に復帰
  • 第7節ライプツィヒ戦で負傷交代

大迫勇也が所属するケルンは11月7日、負傷離脱していたジョン・コルドバとニコラス・ナーティーがチーム練習に復帰したと発表した。

これについてケルンのペーター・シュテーガー監督は「彼らが戻ってきてくれて、もちろんうれしく思っています。チームに多くの可能性をもたらしてくれますし、新たな刺激となってチームを助けてくれるでしょう」とコメントしている。

武藤嘉紀が所属するマインツから今夏獲得されたコルドバは、10月1日に本拠地で開催された第7節ライプツィヒ戦で太ももを負傷し、以降の全公式戦を欠場。中国へ旅立ったアントニー・モデステの代役として活躍が期待されていたが、今季ブンデスリーガではノーゴールの状態が続いている。