Summary

  • ドイツ杯3回戦初日、シャルケ対ケルン
  • セットプレーからマイヤーが決勝点、シャルケが1ー0勝利
  • 大迫はベンチ外

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)3回戦初日が12月19日に行われ、大迫勇也が所属するケルンは敵地でシャルケと対戦し、0ー1で敗れた。大迫はベンチ外だった。

シャルケ 1ー0 ケルン

スコアが動いたのは63分、オチプカの蹴った右CKをニアサイドのマイヤーが体勢を低くしながらバックヘッドで合わせると、これが弧を描きそのままネットイン。シャルケが待望の先制点を奪うことに成功する。

80分にはブルクスタラーのパスを受けたエンボロが追加点のチャンスを迎えるも、T・ホーンの素晴らしい反応により防がれてしまう。ケルンも84分、20m以上の距離からハインツが果敢にミドルシュートを放ったが、クロスバーをかすめるように外れ、同点弾とはならない。

このまま1点を守り切ったシャルケが勝利し、準々決勝進出を決めた。

© gettyimages / Lars Baron

【得点】

シャルケ:マイヤー(63分)
ケルン:なし

【ラインナップ】

シャルケ(5ー3ー2)
フェアマン;カリジュリ、ケーラー(46分 スタンブリ)、ナルド、ナスタシッチ、オチプカ;シェプフ(79分 マッケニー)、マイヤー、アリ;ブルクスタラー、ディサント(75分 エンボロ)

ケルン(3ー4ー3)
T・ホーン;ソーレンセン、メレ、ハインツ;オルコフスキ(39分 クレメンス)、レーマン、エツチャン、J・ホーン;クリュンター(70分 ヘーガー)、ヨイッチ、フューリッヒ(71分 ゴーデン)