胃腸炎で前節を欠場した大迫は先発に復帰。ブレーメンがヘルタとの上位対決を制した - © imago / foto2press
胃腸炎で前節を欠場した大迫は先発に復帰。ブレーメンがヘルタとの上位対決を制した - © imago / foto2press
ブンデスリーガ

上位直接対決は大迫のブレーメンに軍配

ブンデスリーガ第5節初日が9月25日に行われ、大迫勇也が所属するブレーメンは本拠地でヘルタ・ベルリンと対戦し、3ー1で勝利した。大迫はフル出場だった。 ブレーメン 3ー1 ヘルタ・ベルリン

試合が動いたのは11分、ゴール前のこぼれ球にブレーメンのハルニクが反応し、ヒールキックで先制点を決める。さらに45分には、シャヒンのCKからベリコビッチが頭でネットを揺らした。

後半立ち上がりの53分、ヘルタのディルロスンに1点を返されるも、66分にクルーゼがPKを決めブレーメンのリードは再び2点に。

このまま逃げ切ったブレーメンは、今節3位以上となることが確定した。

- © imago / Nordphoto