Summary

  • ハンブルクを残留に導いたギスドル監督
  • シーズン序盤の第5節終了後にチームを引き継ぐ
  • キャプテンに酒井高徳を指名するなどチームを改革

2016/17シーズンのハンブルガーSVは最終節を16位で迎えながら劇的な勝利を収めて14位に浮上。ブンデスリーガ創設以来、一度も2部落ちを経験したことがないクラブという伝統と誇りを守った。北の名門クラブを救ったのは、目も当てられない惨状にあったチームをシーズン途中に引き受けたマークス・ギスドル監督だった。

もがき苦しんだ序盤戦を乗り越えて復調の兆しをつかむ

残留を争う15位ウォルフスブルクをホームに迎えた最終戦は85分の時点で1ー1。ここ4年間で3度目となるハンブルクの昇降格プレーオフ行きはほぼ確実な状況だった。しかし、この状況でギスドル監督の勝負勘が冴えわたる。86分に21歳のストライカー、ルカ・ワルトシュミットをピッチに投入すると、そのわずか2分後にワルトシュミットが勝ち越しゴールを記録。土壇場で残留を勝ち取った。

“エルベの奇跡” を呼び込んだのは、もちろん決勝点を挙げたワルトシュミットだが、このミラクル劇は瀕死のチームに再び息を吹き込んだギスドルの手腕があってこそだった。

第5節終了後にブルーノ・ラバディアの後任としてギスドルがハンブルクにやって来た時、チームの勝ち点はわずかに「1」。すぐにチームを立て直せるはずもなく、ギスドルも苦しいスタートを強いられた。初陣となったヘルタ・ベルリン戦を0ー2で落として最下位に転落すると、その後も大量失点を繰り返し、降格圏をさまよい続けた。しかし、指揮官は自らが決めた方針を変えることなく突き進み、第13節にようやく今季初勝利を飾って最下位を脱出。ウィンターブレークまでの3試合で2勝を挙げ、新しい1年を前に何とか浮上のきっかけをつかんだ。

© gettyimages

チーム改革がもたらした再建への道

残留への道のりは険しく、最後までゴールは見えなかったが、ギスドルは選んだ道が正しかったことを証明する。チーム再建のためなら、非情と言える手段も躊躇しない。キャプテンをヨハン・ジュルーから酒井高徳に変更したのはその一例だろう。トラブルメーカーのエミル・スパヒッチをチームから追放し、マネージャーとしてトビアス・ハウケを招聘。少しずつチームを改革していく過程で、ウィンターブレーク中の補強も大きな力となった。シャルケからキリアコス・パパドプロス、ケルンからメアギム・マブライを獲得したことで、もろかった守備も大きく改善された。

調子は着実に上向き、第28節終了時には16位と勝ち点4差の13位まで浮上。チームは残留に向けて一歩ずつ進んでいた。しかし、順調満帆のフィニッシュとはいかず、第29節から3連敗を喫して再び16位まで後退。残留のためには勝つしかないという状況で最終戦を迎えた。「あれだけのプレッシャーを跳ね返せるとは信じられないような気分だ。第10節が終わった時点でチームは死んだも同然だった。勝ち点2から残留に成功したチームなど過去にない。だが、我々は結束して歴史を変えようとやってきた」

崖っぷちの状況からの生還。ギスドルは与えられたミッションインポッシブルを遂行しての残留に喜びをかみしめる。「来季もまた同じようなことになったら、もう神経がもたないよ」。混乱の中でチームを引き受けた今季とは違い、落ち着いた環境の中でスタートを切る来季は、指揮官にとって全く別の1年になるはずだ。