Summary

  • ボルシアMGのユース出身選手でドリームチームを作成
  • ゴールマウスに君臨するのはバルセロナの現守護神
  • 前線にはバイエルンの指揮官を務めるレジェンドの名前も

メンヘングラードバッハ(ボルシアMG)は長年にわたり、ユースアカデミーで才能豊かな若者を育ててきた。そこで育った選手たちは欧州各国リーグで複数のタイトルを獲得。今回はボルシアMGの神聖なピッチで育てられた選手の中から選りすぐりのドリームチームを紹介する。


【ゴールキーパー】

マークアンドレ・テアシュテーゲン(バルセロナ/スペイン)

メンヘングラートバッハで生まれ育ち、ボルシアMGユースでキャリアをスタート。2009年にUー17欧州選手権で優勝、2010/11シーズンに18歳でプロデビューを飾った。ボルシアMGでの最後のシーズンとなった2013/14シーズンにはリーグ戦全34試合に出場して9度のクリーンシートを記録している。その後はバルセロナへ移り、1年目に国内リーグ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)、国王杯の三冠を達成。現在は正GKとして不動の地位を築く。

© gettyimages / Matthias Hangst/Bongarts

【ディフェンダー】

トニー・ヤンチュケ(ボルシアMG)

16歳でボルシアMGに加入し、2008年にブンデスリーガデビュー。当初は守備的MFとして能力を発揮していたが、持ち前の万能性でセンターバックや左サイドバックなども務め、現在は右サイドバックを主戦場としている。キャリア初期こそケガに悩まされたが、8シーズンでブンデスリーガ184試合に出場して5得点を挙げている。

マービン・コンペア(セルティック/スコットランド)

シュトットガルトのユースからボルシアMGユースに移り2005年にプロデビュー。ボルシアMGでは出場機会に恵まれず、2008年冬にホッフェンハイムへ移籍したが、ここでブンデスリーガ昇格に貢献して自身はドイツ代表に選出された。フィオレンティーナ(イタリア)を経て2013/14シーズンに当時2部のライプツィヒへ加入すると再び昇格に貢献。今季前半戦までライプツィヒの一員としてプレーしていたが、今冬にセルティック(スコットランド)への移籍が発表された。

マーセル・ヤンセン(元ハンブルガーSV

ボルシアMGのユースで成長を遂げて1993年にプロデビュー。クラブは2007年に降格するが、自身はバイエルン・ミュンヘンに引き抜かれ、1年目にブンデスリーガとドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)の二冠を経験した。ハンブルガーSV加入後はチームの5位躍進に貢献したほか、UEFAカップと欧州リーグで2度の準決勝進出を経験。ドイツ代表では45キャップを刻み、2008年の欧州選手権と2010年のワールドカップにも出場。2015年に29歳の若さで引退を表明して人々を驚かせた。

© gettyimages / Oliver Hardt/Bongarts

【ミッドフィールダー】

マーコ・マリン(オリンピアコス/ギリシャ)

ボスニア・ヘルツェゴビナで生まれ、2005年にボルシアMGのユースに加入。2009年にはブレーメンに移り、メスト・エジルやアーロン・ハントらとともにリーグ上位を争った。しかし、2012年のチェルシー移籍を機にキャリアは低迷。チェルシーとセビージャで2年連続の欧州リーグ(EL)王者に輝くが、自身はレギュラーに定着することができず、その後もフィオレンティーナ(イタリア)、アンデルレヒト(ベルギー)、トラブゾンスポル(トルコ)を転々とした。現在はオリンピアコスでプレーしている。

ユヌス・マリ(ウォルフスブルク

ボルシアMGのセカンドチームで頭角を現し、2011年にマインツへ移籍。2011/12シーズンにブンデスリーガデビューを果たし、マインツでは129試合出場で29得点を記録した。昨季は前半の公式戦13試合で7得点と活躍し、冬の移籍市場でウォルフスブルクに移籍。ドイツの年代別代表に選ばれ、Uー17欧州選手権も制したが、A代表はトルコを選択して2016年の欧州選手権に出場した。

© gettyimages / Stuart Franklin

マフムート・ダフート(ドルトムント

2017年に欧州を制したU-21ドイツ代表メンバーの一人。シリアで生まれ、2010年に14歳でボルシアMGのユースに加入。万能MFとして評判を高めていった。2014年10月の欧州リーグでトップチームデビューを飾ると、2015年4月のドルトムント戦でブンデスリーガデビュー。翌シーズンにはブンデスリーガ初ゴールも記録した。今季はドルトムントに引きぬかれ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリード戦やトッテナム戦に先発出場を果たしている。

ルイス・ホルトビー(ハンブルガーSV)

ドイツ人の母と英国人の父の間に生まれ、11歳から14歳までボルシアMGのユースに所属。アーヘンでプロデビューを果たし、注目を集めるようになった。2009年にはシャルケに移り、19歳でブンデスリーガデビュー。2010年1月にボーフム、2010/11シーズンにはマインツへ期限付き移籍し、マインツではトーマス・トゥヘル監督の下、アンドレ・シュアレやアダム・ソロイとのコンビでチームの5位躍進に貢献した。同シーズンにはドイツ代表にも選出されて代表デビュー。イングランドのトッテナムとフラムでもプレーしたが、2014年にハンブルガーSVに加入し、同クラブで4シーズン目を迎えている。

© gettyimages / Stuart Franklin

アミン・ユネス(アヤックス/オランダ)

8歳でボルシアMGのアカデミーに加入し、2011/12シーズンにブンデスリーガデビュー。翌シーズンのドルトムント戦でブンデスリーガ初ゴールを決め、欧州の舞台も経験した。その後はケガに悩まされて出場機会が減少。カイザースラウテルンへの期限付き移籍を経て2015年にアヤックスへ完全移籍。2016/17シーズンはELで5得点を挙げ、チームの決勝進出に貢献した。ドイツ代表にも初招集され、昨年のコンフェデレーションズカップの優勝メンバーとなった。

【フォワード】

コンスタンティノス・ミトログル(マルセイユ/フランス)

ギリシャのカバラで生まれたが、幼少期に家族でドイツに移住。ボルシアMGのアカデミーで成長を遂げ、注目を集めるようになった。2007年に加入したオリンピアコス(ギリシャ)ではレギュラーの座を確保できず、2011年1月にパニオニオス、翌シーズンにはアトロミトスへと期限付き移籍。2012/13シーズンにオリンピアコスに復帰すると、主力として国内リーグとCLで活躍した。その後はフラム(イングランド)やベンフィカ(ポルトガル)でプレーし、ベンフィカでは2シーズンで公式戦86試合52得点と大活躍。チームに2度のリーグ優勝と国内カップ戦優勝をもたらしてサポーターから絶大な支持を得た。昨夏からマルセイユ(フランス)でプレーしている。

ユップ・ハインケス(元ボルシアMG/現バイエルン・ミュンヘン監督)

サッカーへの飽くなき熱意が一度は引退した72歳のベテランを現場に復帰させた。指揮官として絶大な名声を得ているが、偉大なサッカー選手としても記憶されている。1964年に地元ボルシアMGでキャリアの第一歩を踏み出し、ブンデスリーガ優勝4回、UEFAカップ優勝1回とクラブに黄金期をもたらした。1967年に一度はハノーファーへ移籍したが、3シーズンでボルシアMGに復帰。1978年に現役を退くまで、ブンデスリーガ通算369試合で220得点を記録した。バイエルンの監督としてもブンデスリーガ優勝3回、CL優勝1回を誇り、1997/98シーズンにはレアル・マドリードをCL制覇に導いている。