Summary

  • シーズン序盤、新加入選手の働きをチェック
  • 第3弾は香川のドルトムント、バイエルン、長谷部のフランクフルトなど6クラブ

8月31日をもって移籍市場が閉幕し、今季リーグ戦も第2節までを消化した。そこで当サイトではこのブンデスリーガ中断期間を利用し、今夏の新加入選手のシーズン滑り出しに焦点を当てていく。第3回目は香川真司が所属するドルトムントボルシアMGバイエルン・ミュンヘン、長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトホッフェンハイムシャルケの6クラブを紹介したい。

【ドルトムント】

試合に起用された新戦力:4人
アクセル・ヴィツェル
トーマス・デラネイ
アブドゥ・ディアロ
マリウス・ヴォルフ

ルシアン・ファブレ新監督の下、新たなスタートを切ったドルトムントでは、4人の新加入選手が起用された。このうちヴィツェル、デラネイ、ディアロの3人は2試合連続フル出場を果たしており、デラネイは1対1勝率53%、ディアロも同58%を記録するなど、中盤と最終ラインに安定感をもたらしている。そしてフランクフルトからやってきたヴォルフも得点にこそ絡んでいないものの、途中出場とフル出場が1試合ずつ。豊富な運動量を武器にファブレ・サッカーに馴染みつつある。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Oliver Hardt

【ボルシアMG】

試合に起用された新戦力:3人
アラセーヌ・プラ
ジョーダン・バイヤー
フローリアン・ノイハウス

今オフに下部組織から昇格した18歳バイヤーは開幕節でいきなりフル出場し、レーバークーゼンのスピードスター、レオン・ベイリーと真っ向勝負を挑んだ。昨季フォルトゥナ・デュッセルドルフに期限付き移籍をし、同クラブのブンデスリーガ昇格の原動力となったノイハウスも2試合連続で85分間以上出場した。驚きなのは、大枚を叩いて獲得されたプラがいずれも途中出場だったこと。しかし同選手は第2節アウクスブルク戦でブンデスリーガ初得点を記録し、チームに勝ち点1をもたらした。

© imago / Christian Kaspar-Bartke/Bongarts

【バイエルン・ミュンヘン】

試合に起用された新戦力:2人
レオン・ゴレツカ
セルジュ・ニャブリ

夏の移籍市場でほとんど動かなかったバイエルンだが、移籍金なしで獲得されたゴレツカが2試合、ホッフェンハイムへの期限付き移籍から舞い戻ったニャブリが1試合に起用されている。前者はフル出場となった第2節で1得点1アシストの活躍を残した一方、後者はそのシュトゥットガルト戦で残り約15分間に出場するなど、両者の活躍の度合いには開きがある。

© imago / Sportfoto Rudel

【アイントラハト・フランクフルト】

試合に起用された新戦力:6人
フレデリク・レノウ
ケビン・トラップ
ニコライ・ミュラー
ルーカス・トロ
フィリップ・コスティッチ
エヴァン・ヌディカ

この夏にGK3人を補強したフランクフルトでは、レノウが開幕節でゴールマウスを守り、第2節は期限付きでの古巣復帰となったトラップが先発の座を射止めた。他ではミュラー、トロ、コスティッチ、ヌディカなど国内外から獲得された選手も出番を掴み取り、それぞれが自分の長所を出しながら戦っている。一方、パシエンシア&ジェラルデスのポルトガル人コンビは2試合どちらもピッチに立てず、第3GKと目されたヴィートヴァルトもベンチ外という状況が続いている。

© imago / Jan Huebner

【ホッフェンハイム】

試合に起用された新戦力:3人
ヴィンツェンツォ・グリフォ
レオナルド・ビッテンコート
カシム・アダムス

バイエルンとのオープニングゲームで先発に起用されたのはグリフォ、ビッテンコート、アダムスの3人だった。アダムスは最終ラインの一角として2試合ともに先発。また降格したケルンからやって来たビッテンコートも2試合連続でフル出場し、チームの攻撃にテンポをもたらしている。また、2015年夏にホッフェンハイムへ加入し、1試合しか出番がないまま昨季はラピッド・ウィーン(オーストリア)へ期限付き移籍をするなど、新加入に近いジョエリントンも開幕から2試合連続でフル出場を果たした。

© imago / Jan Huebner

【シャルケ】

試合に起用された新戦力:4人
スアト・セルダル
マーク・ウト
サリフ・サネ
ゼバスティアン・ルディ

ナルドとともに守備ブロックを形成するCBサネは2試合連続でフル出場し、1対1勝率63%を記録するなど早くも存在感を見せつけている。ウトも同じく2試合とも90分間をピッチ上で過ごしたものの、シャルケ移籍後初得点はおあずけとなった。またセルダルは開幕節に先発出場、移籍市場閉幕直前にバイエルンから獲得されたルディも、第2節ではスターティングイレブンに名を連ねている。

© imago