Summary

  • シーズン序盤、新加入選手の働きをチェック
  • 第2弾は宇佐美のデュッセルドルフ、レーバークーゼンなど6クラブ

8月31日をもって移籍市場が閉幕し、9月1日以降は無所属の選手のみ新規契約が可能な状況だ。そこで当サイトではこのブンデスリーガ中断期間を利用し、今夏の新加入選手のシーズン滑り出しに焦点を当てていく。第2回目はシュトゥットガルトフライブルクレーバークーゼンアウクスブルクヘルタ・ベルリン、宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフの6クラブを紹介したい。

【シュトゥットガルト】

試合に起用された新戦力:5人
ダニエル・ディダビ
ゴンサロ・カストロ
パブロ・マフェオ
ボルナ・ソサ
ニコラス・ゴンサレス

マフェオとカストロが2試合連続で先発出場し、ゴンサレスも開幕節はスターティングメンバーに名を連ねるなど、彼らはタイフン・コルクト監督率いるシュトゥットガルトにうまく溶け込んでいる。またソサも第1節の試合終盤にブンデスリーガデビュー。その一方で、復帰組のディダビは2試合連続で先発から外れ、フライブルクから加入したマークオリバー・ケンプフもいまだ出番は得られていない。

© imago / Michael Weber

【フライブルク】

試合に起用された新戦力:3人
ドミニク・ハインツ
ルカ・ヴァルトシュミット
ジェローム・ゴンドルフ

ここまでフライブルクが記録した唯一の得点は、ゴンドルフのFKからハインツが決めたもの。両者は新加入ながら早速主力に定着し、2試合連続フル出場している。ヴァルトシュミットは開幕節こそ先発出場を果たしたものの、第2節はベンチスタート。81分にグラウンドへ姿を現したが、流れを変えることはできなかった。

© imago / Sportfoto Rudel

【レーバークーゼン】

試合に起用された新戦力:3人
ミッチェル・ヴァイザー
イサークキーゼ・テリン
パウリーニョ

右サイドバックのポジションを争っていたベンヤミン・ヘンリクスがモナコ(フランス)へ去り、第2節に同ポジションで起用されたヴァイザーはヴォルフスブルク戦でアシストを記録。テリンも2試合連続で途中出場し、弱冠18歳パウリーニョも第2節ヴォルフスブルク戦の71分からピッチに登場した。

© imago

【アウクスブルク】

試合に起用された新戦力:2人
アンドレ・ハーン
フェリックス・ゲッツェ

4年ぶりのアウクスブルク復帰となったハーンは、右サイドの攻撃的なポジションを掴み取り2試合フル出場。デュッセルドルフ戦では決勝点もマークした。バイエルン・ミュンヘンからやって来たゲッツェも、第2節ボルシアMG戦の75分に途中出場。ミスのない安定した守備でチームの勝ち点1獲得に貢献している。

© gettyimages / SASCHA SCHUERMANN/AFP/Getty Images

【ヘルタ・ベルリン】

試合に起用された新戦力:3人
ジャバイロ・ディルロスン
マルコ・グルイッチ
デニス・ヤストルゼンブスキ

リバプール(イングランド)から期限付きでやってきたグルイッチは、加入からたった3日後のニュルンベルク戦終了間際に途中出場すると、その翌節にはフル出場。球際の強さが光り、中盤で存在感を発揮している。そしてマンチェスター・シティー(イングランド)から完全移籍で加わった20歳のディルロスンは1アシストを記録し、下部組織から昇格の18歳ヤストルゼンブスキもシャルケ戦でイェウヘン・コノプリャンカのレッドカードを誘発した。

© imago

【フォルトゥナ・デュッセルドルフ】

試合に起用された新戦力:7人
マティアス・ツィマーマン
アルフレド・モラレス
マービン・ドゥクシュ
ケビン・シュテーガー
ケナン・カラマン
マルチン・カミンスキ
ドディ・ルケバキオ

起用された新戦力の数は全18クラブ最多の7人。このうち最も結果を残しているのが右サイドバックのツィマーマンで、開幕節に1アシスト、第2節に1得点をマークしており、ここまでデュッセルドルフの全得点に直接関与している。そして2部インゴルシュタットから加入したモラレスも、ツィマーマンと並び2試合連続先発となった。昨季2部得点王のドゥクシュ、2部ボーフムから加わったシュテーガーは先発1試合、途中出場1試合という状況。なお、カラマンは2試合ともジョーカーの役割を担い、カミンスキは移籍後最初のライプツィヒ戦でフル出場。ルケバキオは途中出場1回に留まっている。

© gettyimages / Matthias Kern