古巣パリ・サンジェルマンとの対戦を心待ちにしているコマン - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
古巣パリ・サンジェルマンとの対戦を心待ちにしているコマン - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

生まれ故郷で古巣対戦に臨むコマン

バイエルン・ミュンヘンのキングスレイ・コマンは、パリ・サンジェルマンに所属していた2013年2月に16歳8カ月と4日の若さでプロデビューを果たした。デビュー戦でコマンをピッチに送り出したのは、当時パリを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督だ。今はバイエルンの指揮を執るアンチェロッティ監督とともに、コマンは生まれ故郷のパリへ帰還する。

コマンがパリ・サンジェルマンのホームスタジアム、パルク・デ・プランスで試合をするのはバイエルン加入後、初めてのこと。欧州チャンピオンズリーグ(CL)の試合を前に、本人が心境を語っている。「パリに戻れることになってとてもうれしい。あのスタジアムではあまりプレーする機会がなかったけど、スタジアムの雰囲気はパリの人たちにとって特別だよね」

コマンはパリで4試合にしか出場できず、2014年にイタリアのユベントスへ移籍。ユベントスでも出場機会は決して多くなかったが、その才能に目をつけたのがバイエルンだった。バイエルンではペップ・グアルディオラ監督、現在はアンチェロッティ監督の下で信頼される選手へと成長し、公式戦69試合に出場。ようやく「ホーム」と呼ぶべき場所を見つけた。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA