ハノーファーも7月2日に練習をスタート。原口と浅野は遅れて合流する見込み - © imago / Jan Huebner
ハノーファーも7月2日に練習をスタート。原口と浅野は遅れて合流する見込み - © imago / Jan Huebner
ブンデスリーガ

原口と浅野のハノーファーが練習開始

原口元気と浅野拓磨が所属するハノーファーは7月2日、今夏プレシーズン初のトレーニングを行った。

日本代表としてFIFAワールドカップ・ロシア大会に出場中の原口、また同代表サポートメンバーだった浅野の姿はなかったものの、酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガーSVから加入したワラシ、ストーク・シティー(イングランド)から期限付き移籍となったケビン・ウィマー、U23バイエルン・ミュンヘンからやってきたレオ・ワインカウフらは初日から合流。選手を一目見ようと集まった1500人のファンに盛大な拍手で迎えられた。

初練習を終えたアンドレ・ブライテンライター監督は「来たるシーズン、我々は次のステップへと進んでいきたいですね。そのためには選手のクオリティー、そして彼ら一人一人のフィットネス状態が良好であることが重要です」と抱負を語った。