原口と宇佐美のデュッセルドルフは敵地ドレスデン戦に2ー1で勝利。6シーズンぶりのブンデスリーガ復帰を決めた - © imago / Dennis Hetzschold
原口と宇佐美のデュッセルドルフは敵地ドレスデン戦に2ー1で勝利。6シーズンぶりのブンデスリーガ復帰を決めた - © imago / Dennis Hetzschold
ブンデスリーガ2部

デュッセルドルフ、6季ぶりにブンデスリーガ昇格

ブンデスリーガ2部第32節2日目が4月28日に行われ、原口元気と宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは敵地でデュナモ・ドレスデンと対戦し、2ー1で勝利した。原口は先発から78分まで、宇佐美も先発から後半ロスタイムまでプレーした。 デュナモ・ドレスデン 1ー2 フォルトゥナ・デュッセルドルフ

キックオフの笛が響き渡ってから9分後、右に開くゾボトゥカのパスを受けたノイハウスがドリブルでバイタルエリアを進み、ペナルティーエリア手前正面の位置から左足を振り抜く。これがネット左に突き刺さり、敵地に乗り込んだデュッセルドルフが鮮やかな先制点を奪った。

26分にはノイハウスが絶妙のロビングパスを送り、右サイドをシャウアーテが突破。そこからグラウンダーセンタリングを入れるが、ゴール前に飛び込んだヘニングスにはわずかに合わなかった。

- © imago / Picture Point LE
- © gettyimages / Matthias Kern