日本サッカー協会は11月7日、国際親善試合(16日・ベネズエラ戦、20日・キルギス戦)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。ブンデスリーガからは10月に続き、原口元気(ハノーファー)と大迫勇也(ブレーメン)が招集された。

原口はブンデスリーガの直近3試合にフル出場中。大迫もリーグ戦で6試合連続先発、第8節のレーバークーゼン戦ではゴールを挙げるなど所属クラブで確固たる地位を築いている。

今回の招集メンバーは以下のとおり。

GK
東口順昭(ガンバ大阪)
権田修一(サガン鳥栖)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

DF
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
山中亮輔(横浜F・マリノス)
室屋成(FC東京)
三浦弦太(ガンバ大阪)
冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)

MF
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
原口元気(ハノーファー)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
遠藤航(シント・トロイデン/ベルギー)
伊東純也(柏レイソル)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
堂安律(フローニンゲン/オランダ)

FW
大迫勇也(ブレーメン)
鈴木優磨(鹿島アントラーズ)
北川航也(清水エスパルス)