ドイツはW杯スペイン大会以来となる初戦黒星。メキシコはグループ大本命を下す最高のスタートを切った - © © gettyimages / Dan Mullan
ドイツはW杯スペイン大会以来となる初戦黒星。メキシコはグループ大本命を下す最高のスタートを切った - © © gettyimages / Dan Mullan

前回王者ドイツ、36年ぶりの黒星発進

FIFAワールドカップ・ロシア大会グループF第1戦が6月17日にモスクワで行われ、ドイツ代表はメキシコ代表と対戦し、0ー1で敗れた。 ドイツ代表 0ー1 メキシコ代表

開始からわずか50秒、いきなりメキシコがチャンスを作り出す。バイタルエリアでボールを持ったベラがスルーパスを送り、裏に抜け出したロサノがペナルティーエリア左からシュート。しかしこれはスライディングで飛び込んだボアテングに防がれてしまった。

さらに11分にもやや距離のある位置からエレーラが思い切りよく右足を振り抜くも、コースに入ったノイアーに両腕でキャッチされる。

ドイツも20分にペナルティースポット付近で反転したウェアナーが、その2分後にはクロースがミドルレンジからそれぞれゴールを狙ったが、いずれもネットを揺らすことはできない。

- © gettyimages / Dan Mullen
- © gettyimages / Dan Mullen
- © gettyimages / Alexander Hassenstein
- © gettyimages / Clive Rose