今季ここまで公式戦6試合で5ゴールの活躍を見せているウト - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
今季ここまで公式戦6試合で5ゴールの活躍を見せているウト - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ホッフェンハイムのウトが猛アピール

ホッフェンハイムのマーク・ウトが開幕から好調をキープしている。ブンデスリーガ50試合出場という節目の一戦となった第3節のバイエルン・ミュンヘンでは2ゴールを挙げて昨季王者の撃破に貢献。2018年ワールドカップのドイツ代表に招集されてもおかしくないプレーを続けている。

ウトはバイエルン戦の前半、アンドレイ・クラマリッチの素早いスローインに反応してボールを受けると、ゴール前に持ち込んでマヌエル・ノイアーが守るゴールのニアサイドを破った。さらに後半には、ぽっかりと空いたスペースに入り込んでシュテフェン・ツバーの折り返しを受けると、冷静にシュートを決めて2ー0とした。

バイエルン相手に1試合2得点はクラブ史上初の快挙だっただけでなく、今季はここまでホッフェンハイムが挙げた全得点の半分以上を一人で決めている。クラブとの契約は来年の夏までだが、ユリアン・ナーゲルスマン監督はバイエルン戦後にウトとの契約延長を望んでいることを明かした。

「ウトがこのチームで居心地がいいと感じているのは見てのとおりだ。サッカー選手にとって、そういう要素はとても重要なんだ。一緒に仕事をするようになってから、彼は選手として成長した。契約を延長してほしいと思っている。これからもクラブが全力で延長を望むほどの活躍を続けてほしい」

- © imago / Thomas Frey
- © imago / PA Images
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA