Summary

  • 大迫のケルンに今冬2人目の新加入
  • ニースからコジエロを完全移籍で獲得
  • 2022年6月30日までの契約

大迫勇也が所属するケルンは1月16日、ニース(フランス)からバンサン・コジエロを完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2022年6月30日までとなっている。

2014年11月にリーグ・アンデビューを飾ったコジエロは、これまでニースで公式戦102試合に出場。主にセントラルMFを務め、U21フランス代表に名を連ねた経験もある。

この発表に際し、ケルンのアーミン・フェー強化責任者は「バンサンは私が獲得を熱望した選手です。中盤の様々なポジションを務めることができますし、我々の可能性を広げてくれるでしょう。この移籍が実現したことを本当にうれしく思っています」とコメントしており、ケルンでの背番号が41に決まったコジエロも「ケルンは私の獲得に全力を尽くしてくれましたし、良い話し合いができました。非常にレベルが高いリーグのビッククラブに来ることになりましたが、早く試合に出場して、クラブの目標に貢献できるようにしたいです」と話した。