2014年に現役を引退した元ドイツ代表ハンケ氏。ブンデスリーガでは通算284試合に出場している
2014年に現役を引退した元ドイツ代表ハンケ氏。ブンデスリーガでは通算284試合に出場している
ブンデスリーガ

元ドイツ代表ハンケ氏、「シャルケは後半戦巻き返す」

「ヘッキング監督ならチームを立て直せる」

今シーズンのブンデスリーガでは、内田篤人のシャルケレーバークーゼンメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)、ウォルフスブルクなど、強豪が下位に沈んでいる。これらのうち3クラブに所属していた経験があり、2014年に現役を引退した元ドイツ代表FWマイク・ハンケ氏が、当サイト独語版との独占インタビューに応じ、間もなく始まるリーグ後半戦の展望について語ってくれた。

――シャルケは今季、スポーツディレクターと監督が変わり、新たなスタートとなりました。彼らの前半戦の出来について、どのようにお考えですか?

ハンケ氏 新しいSDと監督が来れば、時間が必要だと思います。しかし彼らは良いチームですし、前半戦の終盤は高いパフォーマンスを見せ、順当に勝ち点も重ねていました。シャルケは後半戦に巻き返すでしょうね。欧州カップ戦出場権の獲得も可能だと思いますよ。

――シャルケはこの冬、ホルガー・バートシュトゥーバーやグイド・ブルグスタラーの補強も行いました。彼らの存在はシャルケにとって追い風となるでしょうか?

ハンケ氏 バートシュトゥーバーの存在は大きいでしょう。けがなくプレーし続けられることを願っています。もし彼がリズムを取り戻せば、チームを必ず助けられるはずです。

――ウォルフスブルクにとって2016年は悪い年となってしまいました。すでに昨季後半戦からその兆候は見られ、ディーター・ヘッキング監督と、スポーツ担当取締役クラウス・アロフス氏がチームを去りました。ことしのウォルフスブルクに何を期待しますか?

ハンケ氏 シャルケほどの成長は見られないと思います。しかし最終的には中位でシーズンを終えるのではないでしょうか。マリオ・ゴメスも再びゴールを決めてくれることでしょう。

- © imago / Horstmüller
- © gettyimages / Alex Grimm/Bongarts