就任1年目でバイエルンを5連覇に導いたアンチェロッティ監督 - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Joern Pollex
就任1年目でバイエルンを5連覇に導いたアンチェロッティ監督 - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Joern Pollex
ブンデスリーガ

アンチェロッティがグアルディオラより優れている3つのポイント

ロベルト・レバンドフスキが2ゴールを挙げてバイエルン・ミュンヘンがリーグ優勝を決める。どこかで見覚えるのある光景だ。2016年5月7日、レバンドフスキはインゴルシュタット戦で2ゴールを決めてペップ・グアルディオラ監督にバイエルンでの最後のリーグタイトルをもたらした。それから約1年後、ウォルフスブルク戦で2ゴールを挙げて、今度はカルロ・アンチェロッティ監督にドイツでの初タイトルをもたらしたのである。

1)ベテランの重用

似たようなシチュエーションで優勝を決めたとなれば、グラルディオラの最後の1年とアンチェロッティの最初の1年にはさほど優劣がないようにも思える。しかし、詳細を見ていくと、アンチェロッティが昨季よりも早く優勝を決めた要因が浮かび上がる。まず最初はベテランの経験を信頼したこと。2つ目はアリアンツ・アレーナにリラックスした雰囲気を作り出したこと。そして3つ目は、戦術に効果的な微調整を行ったことである。

イタリア人監督であることが影響しているのかもしれないが、アンチェロッティは合計年齢が135歳にもなるシャビ・アロンソとフィリップ・ラーム、アリエン・ロッベンとフランク・リベリを起用し続けた。そして、選手たちは監督の信頼に見事に応えてみせた。シャビ・アロンソとラームは思考スピードの速さが足の速さに勝ることを毎試合のように誇示。一方の“ロベリー”も改めて得点力の高さを示し、昨季の合計6得点から大幅増の合計15得点とゴールを量産した。

アンチェロッティがベテランを重用するのは驚くことではない。これまでもパオロ・マルディーニ、フィリッポ・インザーギ、ディディエ・ドログバ、ミヒャエル・バラック、フランク・ランパード、イケル・カシージャス、ペペなど、30歳を超えた選手たちを重用して優勝を経験している。

また、アンチェロッティはベテランを信頼するだけでなく、若い選手との融合も進めた。レナト・サンチェスこそ満足のいく活躍はできなかったが、ヨシュア・キミッヒは自身のシーズン最多得点を更新。また、ウォルフスブルク戦で活躍したキングスレイ・コマンはバイエルンとの契約を延長している。

- © Imago
- © imago
- © gettyimages / Alex Grimm/Bongarts