1年でのブンデスリーガ復帰を狙うシュトゥットガルト - © © imago
1年でのブンデスリーガ復帰を狙うシュトゥットガルト - © © imago
ブンデスリーガ2部

佳境に入ったブンデスリーガ昇格争い

先週末に行われたブンデスリーガ第30節で、最下位のダルムシュタットがアウェーでハンブルガーSVを2ー1で下し、またしても2部降格を先延ばしにすることに成功した。ブンデスリーガからは下位2チームが自動降格となり、16位のチームは2部の3位チームとホーム&アウェー方式の昇降格プレーオフを戦う。したがって、来季ブンデスリーガに昇格してくるのは最大3チーム。残り4試合となった2部リーグで昇格争いを繰り広げる上位チームの状況をチェックしてみよう。

シュトゥットガルト(1位:勝ち点60)

浅野拓磨所属のシュトゥットガルトは昨季、1975年以来、クラブ史上2度目の降格を経験。しかし、チームを強化して1年でのブンデスリーガ復帰が狙える位置まで上がってきた。開幕後にユス・ルフカイ監督が辞任し、ハネス・ウォルフが指揮を執るようになったが、チームはじわじわと昇格圏に浮上。5試合未勝利と一時的に不調に陥ったものの、第28節の勝利でその状況を終わらせた。同じく昇格争いに絡んでいるハノーファーとの対戦を残しているが、シュトゥットガルトの命運は彼ら自身が握っている。

注目選手:シモン・テローデ

快進撃を続けるチームを支えるのはベテランFWシモン・テローデだ。ボーフムでプレーしていた2015/16シーズンにブンデスリーガ2部の得点王に輝き、今季も28節終了時点で20ゴールを挙げて得点王レースのトップを走っている。また、ポルトガル人のカルロス・マネもここまで6得点7アシストとチームに欠かせない存在となっている。

- © gettyimages / Stuart Franklin
- © gettyimages / Thomas Starke
- © gettyimages / Stuart Franklin
- © imago / Matthias Koch