レバンドフスキはハンブルク戦で開幕戦以来となる1試合3得点を決めた - © imago
レバンドフスキはハンブルク戦で開幕戦以来となる1試合3得点を決めた - © imago
ブンデスリーガ

ハンブルク戦3得点のレバンドフスキ「最高の結果となった」

2月25日、ブンデスリーガ第22節が行われ、酒井高徳が所属するハンブルガーSVは敵地でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、0ー8という大差で敗れた。この試合に先発出場したバイエルンのロベルト・レバンドフスキは、後半開始から12分後に交替でピッチを去ったものの、24分、42分、54分にゴール。今季得点数を19に伸ばし、ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンと並んで、同ランキング首位に躍り出ている。そんなレバンドフスキのハンブルク戦後インタビューは、下記の通り。

――最近好調をキープしていたハンブルク相手に、大量得点を奪って勝利しました。

レバンドフスキ 試合前に立てていたプランがうまくいきましたね。開始1分から試合終了まで良いプレーができましたし、みんながゴールを決める意志を持っていました。我々は点を取っても、さらに次の点を取れるよう目指していくチームです。このチームには巨大なポテンシャルがあり、偉大な選手がたくさんいる、ということを我々は分かっています。ファンにとっても、そして指導者として公式戦1000試合目だったカルロ・アンチェロッティ監督にとっても、最高の結果となったのではないでしょうか。毎試合、まず1点を取るために、選手は戦っていかなければなりませんが、今日の試合ではそこまで難しくはありませんでしたね。次の試合はひょっとしたら1ー0になるかもしれませんし、2ー1になるかもしれません。しかし大事なのは点差ではなく、勝利することです。毎回このような大差で勝つことは不可能ですから。

- © imago
- © gettyimages / Lars Baron