Summary

  • ブンデスリーガ16位vs同2部3位による入れ替え戦
  • 過去の激闘から5つの対戦カードを紹介

2016/17シーズンのブンデスリーガ入れ替え戦ファーストレグが5月25日に行われ、ブンデスリーガ16位ウォルフスブルクは本拠地で同2部3位ブラウンシュバイクと対戦し、1ー0で勝利した。両クラブの命運をかけたセカンドレグは同29日にブラウンシュバイクのホームで行われる。

入れ替え戦というシステムは、1981/82シーズンから10季連続で導入されていたが、1990/91シーズンを最後に中断。以降はブンデスリーガ16位以下の3クラブが自動降格、同2部3位以上が自動昇格となっていた。しかし2008/09シーズンから再導入され、現在もレギュラーシーズン終了後にホーム&アウェー2試合の熱戦が繰り広げられている。

今回は、過去に行われた18回の入れ替え戦のうち、特に話題をさらった5試合について、下記に紹介していく。

【2015/16シーズン:フランクフルト対ニュルンベルク】

1stレグ:アイントラハト・フランクフルト 1ー1 ニュルンベルク
2ndレグ:ニュルンベルク 0ー1 アイントラハト・フランクフルト

最終節ブレーメン戦に敗れ16位となってしまったアイントラハト・フランクフルトでは、入れ替え戦ファーストレグの前日、チームキャプテンのマーコ・ルスが腫瘍を患っていることが発覚。だが守備の大黒柱は手術を延期し、本拠地のピッチに立つことを決断した。前半終了間際、皮肉にもそのルスのオウンゴールにより先制点を許してしまうフランクフルトだったが、後半に同点ゴールを奪い、1ー1のドローで終戦。そしてニュルンベルクホームで行われた第2戦、フランクフルトは68分にハリス・セフェロビッチが挙げた得点を守り抜き、入院中のルスにブンデスリーガ残留の吉報を届けることができた。

© gettyimages / CHRISTOF STACHE

【2014/15シーズン:ハンブルク対カールスルーエ】

1stレグ:ハンブルガーSV 1ー1 カールスルーエ
2ndレグ:カールスルーエ 1ー2 ハンブルガーSV

2014/15シーズンのハンブルガーSVは1年間を通して混乱から脱することができず、2度の監督交代に見舞われ、2シーズン連続で入れ替え戦へまわることになった。ホームでの第1戦を1ー1の引き分けで終わり、カールスルーエの本拠地に乗り込んだ第2戦の78分、ラインホルト・ヤボに先制点を決められ、時間は後半ロスタイムに突入。リーグ創設から唯一ブンデスリーガに在籍し続けるハンブルクも、ついにここまでかと思われた。しかし92分、ペナルティーエリア手前で獲得したFKをマルセロ・ディアスが直接ネットへ蹴り込み、土壇場で同点に追いつくと、延長でも追加点をあげ、ハンブルクが奇跡の残留を果たした。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

【2011/12シーズン:ヘルタ対デュッセルドルフ】

1stレグ:ヘルタ・ベルリン 1ー2 フォルトゥナ・デュッセルドルフ
2ndレグ:フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2ー2 ヘルタ・ベルリン

ミヒャエル・スキッベ監督が2月に解任され、73歳のオットー・レーハーゲルがヘルタ・ベルリンを救うべく立ち上がったが、同監督就任後の12試合で獲得した勝ち点はたったの11。一向に調子が上がらないまま突入した入れ替え戦も、本拠地でのファーストレグを1ー2で落とすという失態を演じ、セカンドレグも2度のリードを奪われ、からくも2ー2の引き分けで終了。ヘルタは1シーズンでの2部降格が決まり、デュッセルドルフは1996/97シーズン以来のブンデスリーガ復帰となった。

【2010/11シーズン:ボルシアMG対ボーフム】

1stレグ:メンヘングラートバッハ 1ー0 ボーフム
2ndレグ:ボーフム 1ー1 メンヘングラートバッハ

2010/11シーズン第22節終了時、勝ち点16で最下位に沈んでいたメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は、ルシアン・ファブレ監督を招へいし、立て直しを図った。すると残りの12試合でポイントを積み重ね、見事16位に浮上。決して悪くない流れを保ったまま入れ替え戦に臨んだ。しかし相手はそのシーズン2部で勝ち点65を稼ぎ、不運にも自動昇格を逃してしまったボーフム。第1戦はほとんどチャンスを作れず、なんとか1ー0で勝利し、第2戦も1ー1の引き分けで終わった。だが、この苦しいシーズンを耐え抜いたボルシアMGは、翌年から徐々に成長を遂げ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権も手にするほどの強豪クラブへと姿を変えた。

【1985/86シーズン:フォルトゥナ・ケルン対ドルトムント】

1stレグ:フォルトゥナ・ケルン 2ー0 ドルトムント
2ndレグ:ドルトムント 3ー1 フォルトゥナ・ケルン
3rdレグ:フォルトゥナ・ケルン 0ー8 ドルトムント

不振にあえぎシーズンを16位で終えたドルトムントは、フォルトゥナ・ケルンと入れ替え戦で激突。2戦合計は3ー3の同点、さらに当時はアウェーゴール方式が採用されていなかったため、入れ替え戦史上初の第3戦が、中立地デュッセルドルフで行われた。31分にディルク・フーペのゴールで先制したドルトムントは、後半開始直後の46分にも、現スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクが追加点。後半45分間で7ゴールを叩きだし、8ー0という記録的な大勝を飾って残留も勝ちとった。