ブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトに加入した井手口 - © imago / Zink
ブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトに加入した井手口 - © imago / Zink
ブンデスリーガ2部

井手口陽介について知っておきたい5つのこと

日本代表の井手口陽介がブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトに1年間の期限付き移籍で加入した。ガンバ大阪でブレイクを果たし、日本のロシア・ワールドカップ出場にも貢献した22歳のMFについて知っておきたい5つの項目を紹介する。

1)若くして多くの国内タイトルを獲得

2人の兄の影響でサッカーを始め、小学校卒業と同時に地元・福岡を離れてガンバ大阪ジュニアユースに入団。ユースチーム、トップチームにそれぞれ飛び級で昇格するなど早くから注目される存在だった。高校2年の時に2種登録選手としてトップチームに登録されると、2014年の3冠を経験。翌2015年にはリーグ戦デビューを飾り、公式戦16試合に出場した。主力に定着した2016年にはベストヤングプレーヤー賞を受賞、2017年にはJリーグベストイレブンに輝いた。

- © gettyimages / Han Myung-Gu/Getty Images
- © gettyimages / TORU YAMANAKA/AFP/Getty Images