ブルックスのウォルフスブルク移籍にともないヘルタは来季CBの代役を探さなければならない - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブルックスのウォルフスブルク移籍にともないヘルタは来季CBの代役を探さなければならない - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ブルックスの代役は誰!?

2週間前、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンのジョンアンソニー・ブルックスが、ウォルフスブルクへ移籍することを発表した。これによりヘルタのパル・ダールダイ監督は、これまでレギュラーCBを務めていた同選手の穴埋めを、来季開幕までに行わなければならなくなった。果たして、最終ラインの中央を務めるのは誰になるのか――ブルックスの代役候補4人について、以下に紹介していく。

【カリム・レキク】

ブルックス移籍発表の後ということもあり、ダールダイ監督、そしてスポーツディレクターのミヒャエル・プレーツ氏が、CBの層を厚くするためにレキクを獲得したことは想像に難くない。Uー17欧州選手権で祖国オランダを優勝に導いた2011年、フェイエノールト(オランダ)を離れマンチェスター・シティ(イングランド)へ羽ばたき、その後ブラックバーン(イングランド)、ポーツマス(イングランド)、PSVアイントホーフェン(オランダ)に期限付き移籍。PSVではエールディビジ54試合、完全移籍したマルセイユでもリーグアン34試合に出場し、欧州リーグ(EL)通算15試合でピッチに立つなど、国際舞台での経験も非常に豊富だ。ややスピードに欠けるという弱点も持っているが、判断の早さや読みの鋭さでそれを補うことは十分可能。自身4カ国目の挑戦は、どのような結果となるだろうか。(レキク加入のニュースはこちら

- © imago / PanoramiC
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Johannes Simon
- © imago / Camera4
- © gettyimages / Matthias Kern