Summary

・ブンデスリーガ第14節初日、フランクフルト対ホッフェンハイム

・0ー0のままスコアレスドローで終了

・長谷部は7試合連続のフル出場

12月9日、ブンデスリーガ第14節初日が開催され、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは本拠地でホッフェンハイムと対戦し、0ー0で引き分けた。3バックの中央で先発した長谷部は終盤に右サイドにポジションを変え、7試合連続のフル出場を果たしている。

フランクフルト 0ー0 ホッフェンハイム

上位戦線に残るため、両者にとって是が非でも勝ち点3を獲得したい一戦は、立ち上がりからファウルもいとわない激しい試合となる。

そんな中、最初のビッグチャンスはホームのフランクフルトに訪れる。16分、右サイドをセフェロビッチが突破し、ゴール前にセンタリングを入れると、DFの間に走り込んだマイヤーが右足を合わせる。しかし、ボールにうまく当てることができず、ホッフェンハイムの守護神バウマンが両手でがっちりとキャッチした。

フランクフルトはさらに24分、ペナルティーエリア外のこぼれ球に反応したマスカレルが強烈なミドルシュートで狙うも、再びバウマンがパンチングでクリアしている。

ホッフェンハイムも45分、相手陣内深い位置でFKを獲得すると、アミリがゴール前に送ったボールをヒュープナーがヘディングシュート。これがネットに吸い込まれるが、ヒュープナーがオフサイドポジションにいたため、ゴールは無効となった。

0ー0のまま後半に突入するも、フランクフルトが主導権を握り、対するホッフェンハイムは前線へ効果的なボールを供給できない展開が続く。

ゴール前で決定機を迎えたのは66分のフランクフルト。右CKのこぼれ球をマイヤーが拾い、正面から左足でシュートを放つも、ブロックに来たDFの足に当たり、クロスバーの上を越えてしまった。

さらに71分には、右からチャンドラーがマイナス方向へ横パスを送り、ペナルティーエリア右の角でファビアンがポランスキに倒される。そしてこぼれたボールを拾ったレビッチが遠めの位置から左足シュートで狙ったが、これもDFに当たってしまい、先制点が生まれることはなかった。

すると82分、オチプカとウトが激しくぶつかったところで両チームが小競り合いとなり、ワーグナーに詰め寄ったチャンドラーがディンガート主審からレッドカードを提示され一発退場。フランクフルトは残りの時間を10人で戦うことになる。

© imago / Schüler

後半ロスタイムには右サイドで得たFKから長谷部がゴール前に放り込むが、ボールはGKがキャッチ。このままスコアに動きはなく、0ー0で終了した。


【得点】

フランクフルト:なし
ホッフェンハイム:なし

【ラインナップ】

フランクフルト(3ー4ー1ー2)
フラデツキー;アブラハム、長谷部、バジェホ;チャンドラー、マスカレル、フスティ(85分 ヘクター)、オチプカ;ファビアン(90分 ガチノビッチ);セフェロビッチ(61分 レビッチ)、マイヤー

ホッフェンハイム(3ー1ー4ー2)
バウマン;ズューレ、フォークト、ヒュープナー;ポランスキ(84分 シュベークラー);カデラベク(73分 ツバー)、ルップ、アミリ、トーリヤン;ワーグナー、クラマリッチ(60分 ウト)