ロッベンは第3節レーバークーゼン戦で逆転弾を決めた - © imago / MIS
ロッベンは第3節レーバークーゼン戦で逆転弾を決めた - © imago / MIS
ブンデスリーガ

ロッベン「 34歳となり、いかなる瞬間も楽しむことを目指している 」

ブンデスリーガ第3節2日目が9月15日に行われ、バイエルン・ミュンヘンはレーバークーゼンに3ー1で逆転勝利した。この試合の19分にチーム2点目を決めたアリエン・ロッベンが、90分間の戦いを終えてインタビューに応じた。

――まず、試合の総括をお願いします。今日のパフォーマンスには満足ですか?それともレーバークーゼンのプレーにひるむところもあったのでしょうか?

ロッベン 相手は非常にディフェンシブな戦い方をしてきました。ただ、それは先発メンバーを見た段階で分かっていました。序盤は少しつまずいてしまいましたが、そこからすぐに立ち直り、試合をひっくり返すことができて良かったです。2ー1の状況が長く続きましたが、ようやく最後にダメ押し点を決めることができましたね。

――あなたのゴールはチーム2点目、つまり逆転弾でした。ヨナタン・ターがヘディングミスをすることを予想していたのですか?

ロッベン 大抵はああいうことは起こりません。しかし、常に狙っていなければならないのです。ターがミスをして、私のところにボールが転がってきました。うまく決めることができましたね(笑)時には運も必要なんです。

- © gettyimages / GUENTER SCHIFFMANN/AFP/Getty Images
- © imago / ULMER Sportfotografie