Summary

  • ロシアW杯欧州地区予選、ドイツ代表が北アイルランド代表に3ー1で勝利
  • ドイツ代表は予選9連勝、W杯本戦出場が決定
  • 試合後のドイツ代表監督・選手らのコメント集

ロシア・ワールドカップの欧州地区予選が10月5日に行われ、ドイツ代表は敵地で北アイルランド代表と対戦し、3ー1で勝利した。これによりドイツは、1試合を残して予選C組の首位が決定し、本戦の切符を手にしている。試合後のドイツ関係者コメントは以下の通り。

【ヨアヒム・レーフ監督】

難しい試合になりましたが、満足しています。北アイルランドは守備に重点を置いてきましたので、我々にとっては早い時間帯に先制点を奪うことが重要でした。2点目もすぐに決めることができましたし、それでずいぶんと楽になりましたね。その後も試合をコントロールし、終了まで集中できたと思います。ルディが決めた先制点は、これ以上のものはないほど、夢のようなゴールでした。GKに止めるチャンスはありませんでした。後半は、前半のようなハイライトは少なくなりましたが、ゲームをコントロールしていたので、いたってノーマルなことです。敵のロングボールもうまく防ぎましたし、ファウルで止めるシーンもありませんでした。

【ラインハート・グリンデルDFB会長】

9試合で9勝という結果を大変誇りに思っています。これ以上の望みはありません。我々は試合を支配していましたし、さらに負傷離脱している選手もまだ控えています。将来は非常に明るいのではないでしょうか。

© gettyimages / Alexander Hassenstein

【ゼバスティアン・ルディ】

立ち上がりにゴールを決めること、そして冷静に試合を進めることが何よりも大事でした。結果的に我々は相手よりも優位に立ち、自由にサッカーができたと思います。もちろん簡単なゲームではありませんでしたが、見事な勝利でした。ロシアへは、ただ試合をするために行くわけではなく、もちろんチャンピオンの座を守りたいと思っています。

【ヨシュア・キミッヒ】

早い時間に先制したことが、試合を決定づけましたね。センタリングの練習ももちろんかなりしていましたが、ドイツ代表ともなれば、本当に素晴らしいFW陣が前線にいます。

【マッツ・フメルス】

集中してプレーできましたし、素晴らしいゴールで先制することができました。90分間を通じて試合を支配していましたし、この勝利は妥当なものです。

【サンドロ・ワーグナー】

非常に楽しい試合でした。今まで経験したことがないくらいの素晴らしいファンもスタジアムに詰めかけてましたし、両チームにとって、良い試合になったと思います。