ロシアW杯に臨む日本代表にブンデスリーガから7名が選出された - © gettyimages / Atsushi Tomura
ロシアW杯に臨む日本代表にブンデスリーガから7名が選出された - © gettyimages / Atsushi Tomura

W杯に臨む日本代表23名が決定

日本サッカー協会は5月31日、ロシア・ワールドカップに臨む日本代表メンバー23名を発表した。

ブンデスリーガからは酒井高徳(ハンブルガーSV)、長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、香川真司(ドルトムント)、原口元気、宇佐美貴史(以上デュッセルドルフ)、大迫勇也(ブレーメン)、武藤嘉紀(マインツ)の計7名がメンバー入り。30日のガーナ戦を戦った候補メンバーから浅野拓磨(ハノーファー)が落選した。最終メンバーは以下のとおり。

GK
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
昌子源(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

MF
長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
香川真司(ドルトムント)
山口蛍(セレッソ大阪)
原口元気(デュッセルドルフ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)

FW
岡崎慎司(レスター/イングランド)
大迫勇也(ブレーメン)
武藤嘉紀(マインツ)