ドルトムント加入5シーズン目にして念願の初タイトルを獲得したロイス - © gettyimages / Hangst / Bongarts
ドルトムント加入5シーズン目にして念願の初タイトルを獲得したロイス - © gettyimages / Hangst / Bongarts

念願の初タイトルを手にしたロイス「とにかくうれしい!」

2016/17シーズンのドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)は、決勝でアイントラハト・フランクフルトを2ー1で下したドルトムントが、5シーズンぶり4度目の大会制覇を成し遂げた。これまで何度となくタイトルを逃してきたマーコ・ロイスにとっては、待ちに待った初栄冠だ。

初タイトルの瞬間をベンチで見届けたロイスは、試合終了の笛を聞くとチームメートと抱き合いながら喜びを爆発させた。先発出場したものの、ティモシー・チャンドラーとの接触プレーで前半途中に負傷。ピッチ脇で治療を受けてプレーを続行したが、後半開始とともにベンチに退いた。

過去3シーズンはいずれも決勝の舞台で敗れ、あと一歩のところでトロフィーを逃し続けてきた。ドイツ代表が頂点に立った2014年のブラジル・ワールドカップは負傷欠場。昨夏にフランスで開催された欧州選手権も負傷で招集見送りと、大舞台やタイトルにはことごとく縁がなかった。

フランクフルトとの決勝でも負傷交代を強いられ、ロイスのハッピーエンドに再び暗雲が立ち込めたかのように思えた。だが、チームは67分にピエールエメリック・オバメヤンのPKで勝ち越しに成功。2012年以来となるタイトルを手に入れた。

- © gettyimages / Hangst / Bongarts
- © gettyimages / Christof Koepsel