攻撃陣をけん引したキースリングだったが得点を生みだすことはできなかった - © © imago / nordphoto/Bratic
攻撃陣をけん引したキースリングだったが得点を生みだすことはできなかった - © © imago / nordphoto/Bratic

レーバークーゼン、CL第3戦ドロー

10月18日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3戦が行われ、レーバークーゼンは本拠地でトッテナム(イングランド)と対戦し、0ー0で引き分けた。

レーバークーゼン 0ー0 トッテナム

試合は敵地に乗り込んだトッテナムがやや優勢に進める。まずは19分、アリのスルーパスをヤンセンがスルーし、ソンが飛び出すが、ボールがわたる前にGKレノがキャッチした。

さらに25分、左サイドからソンがドリブルでカットイン。正面の位置から強烈なシュートを放ったが、これはトプラクがブロックした。

前半最大のチャンスは39分、右からのセンタリングをヤンセンが頭で合わせると、ボールはクロスバーを直撃。さらにそのこぼれ球をラメラが押し込もうとするが、レノが右手でシュートを弾き、CKに逃れた。

レーバークーゼンも42分、ペナルティーエリア外やや左からカンプルがファーサイド目がけてミドルシュートを狙うも、枠の右上に外れてしまった。

- © imago / Team2