Summary

  • レーバークーゼンがアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオを獲得
  • 前所属のリーベル・プレートではコパ・リベルタドーレスを制覇
  • アルゼンチン代表ではリオネル・メッシとともにプレー

レーバークーゼンは今夏に退団したチチャリートの穴を、アルゼンチン代表FWのルーカス・アラリオ(24)で埋めることになった。アラリオは前所属のリーベル・プレート(アルゼンチン)でコンスタントにゴールを重ね、チームの貴重な得点源として活躍。レーバークーゼンが新たに獲得した南米出身のストライカーについて知っておくべき10項目を紹介する。

1)大都会にやってきた田舎の少年

ルーカス・ニコラス・アラリオは1992年10月8日にトスタドという小さな町で生まれた。2010年に故郷から約320キロ離れたサンタフェのCAコロンに加入。サンタフェ州の州都で4年間過ごした後、首都ブエノスアイレスの名門リーベル・プレートへの移籍を果たした。

2)得点力

アラリオは常にゴールを狙っている。コロンとリーベルでリーグ戦105試合出場34得点13アシストを記録しているが、注目すべきはすべての試合に先発していたわけではないという点だ。また、アラリオはコロンが残留を争う厳しい状況で頭角を現した。それらを考慮すると、この数字はさらに重みを持つ。

3)出場全大会で得点を記録

アラリオは今日に至るまで、出場したすべての大会でゴールを決めている。アルゼンチンの1部リーグで28得点、同2部で6得点、コパ・リベルタドーレスで8得点、コパ・スダメリカーナで1得点、レコパ・スダメリカーナで1得点、クラブ・ワールドカップで1得点、さらにアルゼンチン代表としても1得点を挙げている。ブンデスリーガでゴールを記録するのも時間の問題だろう。

© gettyimages / Brunskill Ltd

4)元ニュルンベルクの選手とチームメート

アラリオはリーベル時代、ニュルンベルクで10年にわたって活躍し、キャプテンを務めたこともあるハビエル・ピノラとチームメートだった。ピノラは2015年にドイツを離れ、母国アルゼンチンのロサリオ・セントラルに移籍。2017年からはリーベルでプレーしていた。アラリオはレーバークーゼンへの移籍についてピノラにアドバイスを求めたことだろう。

5)完璧なストライカー

チチャリートは「点取り屋」タイプのストライカーだったが、アラリオはより「万能性」を備えたストライカーだ。両足が使えて、空中戦にも強く、プレースタイルはディディエ・ドログバに似ていると言われている。正確なボールタッチとスピードにも定評があり、ワイドでもプレー可能。アラリオの加入でレーバークーゼンの攻撃の幅は広がるだろう。

6)代表デビュー戦でメッシとプレー

アラリオは2016年9月に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のウルグアイ戦で代表デビューを飾ったが、この試合で唯一の得点を挙げたのがリオネル・メッシだった。当時代表を率いていたエドガルド・バウサ監督は試合後、「アラリオには素晴らしい将来がある。アルゼンチン代表として経験を積むのは彼にとって素晴らしいことだ」と大きな期待を寄せていた。その後、代表監督はホルヘ・サンパオリに代わったが、アラリオは新体制下でも代表に呼ばれ、2017年6月のシンガポール戦で初ゴールを挙げている。

© gettyimages

7)適応力の高さ

アラリオは2015年にリーベルに移籍した際、新たな環境への適応に時間を要さなかった。また、チームにとって重要なゴールを立て続けに挙げ、たちまちサポーターの人気者となっている。1点目はグアラニとのコパ・リベルタドーレス準決勝セカンドレグで決めた同点弾。この一発により、チームは決勝進出を果たしている。そして2点目はティグレスとの決勝で挙げた先制点。この2つのゴールによって、リーベルはクラブ史上3度目の南米王者に輝いた。

8)世界のベストプレーヤー50人に選出

メッシやセルヒオ・アグエロ、ゴンサロ・イグアインらが名を連ねるアルゼンチン代表の前線に割って入るのは決して簡単ではない。しかし、アラリオはタレントぞろいの代表に招集され、『Goal.com』が選んだ2016年のベストプレーヤー50人にも選出されている。なお、欧州のクラブに在籍していない選手では唯一の選出だった。

9)手本はスアレス

自身にとってのアイドルとピッチで対戦するチャンスは滅多にないものだが、アラリオは2015年のクラブ・ワールドカップでそのチャンスを得た。リーベルは決勝でバルセロナと対戦。結果はルイス・スアレスの2ゴールをなどでバルセロナが優勝したが、アラリオはスアレスから学ぶために観察していたと明かしている。今季からは同じくワールドクラスのロベルト・レバンドフスキやピエールエメリック・オバメヤンを間近で観察することになるだろう。

10)『FIFA 2018』のレートは?

ゲーマーの皆さんはご存じだろうか。人気サッカーゲーム『FIFA』シリーズでアラリオの2016年当時の総合レートは「67」だった。だが、翌年には「77」にアップし、9月29日に発売される『FIFA 2018』ではさらにレートが上がっている可能性がある。もし、再び10ポイントアップしていれば、『FIFA 2017』におけるチチャリートの総合レートを上回ることになる。

© imago / 29780461