レノ先日、レーバークーゼンとの契約を2020年まで延長した - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
レノ先日、レーバークーゼンとの契約を2020年まで延長した - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

レノ「このチームには結果以上のポテンシャルがある」

レーバークーゼンは昨季のリーグ戦を3位の好成績で終えながら、今季はスタートでつまずいてしまった。ゴールを守るベアント・レノはチームの高いポテンシャルを認めながらも、「そろそろ力を発揮しないと」と歯がゆい思いを抱えている。そんな中、10月1日の第6節では絶好調のドルトムントと対戦。当サイトではレノに独占インタビューを行い、ドルトムントとの一戦や先月発表されたクラブとの契約延長について語ってもらった。

――レーバークーゼンのここまでの戦いぶりですが、過小評価されているだけでしょうか?

レノ 僕はまずまずのスタートが切れたと思っている。それは選手一人ひとりのプレーと順位表からも分かることだよ。もちろん、アンラッキーなことが連鎖的に続いたこともあった。例えばタイムアップ直前に追いつかれた欧州チャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦がそうだ。ブンデスリーガでもフランクフルト戦では終了間際に、次のアウクスブルク戦でも終盤にPKを外してしまった。ツキがなかったとしか言いようがないよ。でも、運不運はつきもの。このチームには結果以上のポテンシャルがあるはずだから、そろそろ力を発揮しないと。チームが得意としているラストスパートも、毎シーズンできるわけではないのだからね。

――前節のマインツ戦は、前半は非常に低調な内容でしたが、後半に入って一気にギアを上げました。今季のレーバークーゼンを象徴するような試合でしたが、90分の間に二つの顔を見せているのはなぜなのでしょう?

レノ そこを説明するのは難しい。マインツ戦の前半は思っていたような動きができなかったのは事実で、ハーフタイムには監督から厳しい言葉も出た。そして、その後からうまくゲームを進められるようになった。結果的には良かったけど、あの前半のようなことはしてはいけない。前半か後半のどちらかだけ良くても、ブンデスリーガでは戦っていけない。

――ロジャー・シュミット監督は後半、シュテファン・キースリングを投入しました。厳しい状況にある時、彼のようなベテランの存在は大きいのでは?

レノ そのとおり! “あのベテラン選手”がものすごいクオリティーの持ち主だってことは変わらないからね。“キース”はロングボールを収めることもできるし、とても空中戦に強い。そしてチチャリートとの相性も抜群だ。“キース”はゴール前の“チチャ”に、頭でも足でもボールをつなげられる選手だ。マインツ戦では彼がベンチに座っていた前半には見られなかったプレーが、後半になって見られるようになったことを誰もが気づいたはず。シュテファンは年齢や長引く負傷に関係なく、チームにとってものすごく大事な選手だ。もしかしたら、今みたいにジョーカーとして特別な存在になるかもしれないね。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA