Summary

  • レーバークーゼンのアラリオ、3試合出場停止処分
  • 加えて1万ユーロの罰金
  • 第27節ケルン戦でレッドカード

レーバークーゼンは3月19日、同クラブに所属するルーカス・アラリオがドイツサッカー連盟(DFB)スポーツ裁判所から3試合の出場停止処分を受けたことを発表した。

アラリオは18日に行われたブンデスリーガ第27節ケルン戦の33分、相手DFドミニク・マローに対し暴力行為を振るったため、ハーム・オスマース主審からレッドカードを提示され一発退場となっていた。DFBスポーツ裁判所はアラリオに対し、ブンデスリーガ3試合出場停止に加え、1万ユーロ(約130万円)の罰金を言い渡している。

レーバークーゼン側は、この判決に異議申し立てを行わないことを決定した。