レーバークーゼンのアラリオが1ゴール1アシストと活躍。近隣のライバル、ボルシアMGから勝ち点3をもぎ取った - © © imago
レーバークーゼンのアラリオが1ゴール1アシストと活躍。近隣のライバル、ボルシアMGから勝ち点3をもぎ取った - © © imago
ブンデスリーガ

レーバークーゼンが2ー0白星、暫定3位に浮上

ブンデスリーガ第26節2日目が3月10日に行われ、レーバークーゼンは本拠地でメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)と対戦し、2ー0で勝利した。 レーバークーゼン 2ー0 メンヘングラートバッハ

序盤は互角の内容で時間が経過するが、徐々にホームのレーバークーゼンが主導権を握りだす。24分、ボルシアMGの左CKをレノがキャッチし、素早く前線へスロー。自慢の脚力を活かして縦に運んだベイリーが、やや距離のある位置から強引に狙うも、これは枠を大きく外れてしまった。

36分には、ハフェルツが右へ展開し、ベイリーが折り返すと、後方から飛び込んだフォラントが頭で合わせる。しかしジャストミートさせることができず、ボールは左ポストの外側へ流れた。

しかしその3分後、再びベイリーがドリブルでペナルティーエリア右に進入しセンタリング。ファーサイドのフォラントがヘディングで落とし、中で待つアラリオが左足のダイレクトシュートでネットを揺らした。

- © imago
- © imago / Team 2